白浜[町](読み)しらはま

百科事典マイペディアの解説

白浜[町]【しらはま】

千葉県房総半島南端にある安房(あわ)郡の旧町。全町ほとんど丘陵地。海女(あま)によるアワビサザエイセエビ漁獲が多い。米,花,野菜の栽培を行う。野島崎があり,海岸は南房総国定公園の一中心。2006年3月,安房郡富浦町,富山町,千倉町,丸山町,和田町,三芳村と合併し市制南房総市となる。17.07km2。6016人(2003)。

白浜[町]【しらはま】

和歌山県南部,西牟婁(にしむろ)郡の町。中心市街は田辺湾の南岸にあり,古くは牟婁ノ湯といわれた温泉場で,紀勢西線(現在の紀勢本線)開通後,南紀の大温泉町として急激に発展。白浜温泉は湯崎,白良浜(しらはま)などの総称で,純食塩泉。40〜88℃。千畳敷,三段壁,円月島,化石漣痕(れんこん)(天然記然物)などの奇勝,オオウナギ生息地(天然記然物),椿温泉がある。南紀白浜空港があり,紀勢自動車道が通じる。周辺で製材,野菜栽培,ハマチ養殖も盛ん。2006年3月西牟婁郡日置川町を編入。200.96km2。2万2696人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しらはま【白浜[町]】

千葉県南端,太平洋に臨む安房(あわ)郡の町。人口6296(1995)。海岸段丘がよく発達し,その背後には100mに及ぶ海食崖が連なる。無霜地帯の特性をいかして露地栽培花卉,野菜の生産が盛んであるが,近年はビニルハウスや温室による施設園芸がふえている。海女による潜水漁業が行われ,アワビ,サザエ,イセエビなどを採取する。1869年(明治2)初点灯の野島埼灯台を中心に,白浜フラワーパークなどの観光施設があり,南房総でも有数の観光地となっている。

しらはま【白浜[町]】

和歌山県南部,西牟婁(にしむろ)郡の町。人口1万9731(1995)。町域は富田(とんだ)川下流域と田辺湾南岸の半島部からなり,温泉観光地として,とりわけ新婚旅行に利用されることで有名である。半島先端の鉛山(かなやま)にある湯崎温泉は,古代から室湯(むろのゆ)として知られていたが,第1次世界大戦後,瀬戸の白良浜(しららはま)で温泉が開発され,1933年には紀勢西線(現,紀勢本線)が開通,68年には南紀白浜空港も開港して白浜温泉として急速に発展した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる