コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石巻[市](読み)いしのまき

百科事典マイペディアの解説

石巻[市]【いしのまき】

宮城県東部の市。1933年市制。北上川河口部の両岸に発達し石巻線,仙石線が通じる中心市街は近世には仙台藩の米,海産物の積出港として栄えた。明治中期に開通した東北本線からはずれて交易港としての使命を終え,塩釜,気仙沼(けせんぬま)と並ぶ金華山沖漁場の基地となった。1960年代以降,新産業都市に指定された仙台湾地区の北部拠点として石巻工業港,新漁港が開港し,水産加工,造船,パルプなどが盛んな水産工業都市である。東部の渡波(わたのは)は万石(まんごく)浦西岸の漁港で,ノリ・カキの養殖を行う。渡波西部に海水浴場長浜海岸がある。2005年4月桃生郡河北町,雄勝町,河南町,桃生町,北上町,牡鹿郡牡鹿町を編入。東日本大震災で,市内において被害が発生。554.58km2。16万826人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いしのまき【石巻[市]】

宮城県東部にある市。1933年市制。その後1949‐67年に牡鹿(おしか)郡蛇田村,荻浜村,渡波(わたのは)町,稲井町を編入した。人口12万1208(1995)。市域は牡鹿半島北西岸と北上川河口の数条の砂州を含む。市街地は日和(ひより)山(56m)の洪積台地と北上川西岸および東岸の牧山との間に広がり,近年は大街道,蛇田まで住宅地が伸びている。鎌倉時代から戦国時代までは葛西氏の城下町であったが,17世紀前半の北上川河道の改修以来,北上川は米輸送の大動脈となり,河口の石巻湊は米の積出港として繁栄した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の石巻[市]の言及

【東廻海運(東回海運)】より

…元和期(1615‐24)に入ると盛岡藩の蔵米などが三陸諸港から江戸に恒常的に輸送されるようになった。同じころ,仙台藩は北上川を大改修し河口の石巻湊を江戸廻米の積出港とするに及んで,同湊からの仙台・盛岡両藩の江戸廻米(廻米)が本格化した。さらに1625年(寛永2)青森湊が開港し,東廻航路は陸奥湾の諸湊と結ぶようになった。…

※「石巻[市]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android