繭(漢字)

普及版 字通「繭(漢字)」の解説


常用漢字 18画

(旧字)
19画

[字音] ケン
[字訓] まゆ

[説文解字]

[字形] 会意
桑の葉の形+糸+虫。桑の葉に蚕が繭を作る意。〔説文〕十三上に「衣なり」とし、黹(ち)の省に従うとするが、その形ではない。卜文に桑の葉の上に蚕の形を加えたものがある。養蚕のことは古くから行われ、卜辞に蚕示(蚕の神)を祀ることがみえる。〔礼記、祭義〕に、王后世婦が神衣・祭衣を作る儀礼に奉仕することがしるされている。いわゆる公桑蚕室、親蚕の儀礼である。わが国では蚕神オシラ信仰が行われた。

[訓義]
1. まゆ、かいこのまゆ。
2. くずわた、いとを紡いだ残りのわた、わたいれ。
3. (けん)と通じ、足うらのたこ、まめ。

[古辞書の訓]
和名抄 万由(まゆ)〔名義抄 マユ 〔立〕 マユ・カヒコ

[熟語]
繭館繭繭繭蚕・繭糸・繭紙・繭書・繭税・繭足繭紬繭眉・繭布繭卜・繭栗繭縷
[下接語]
玉繭・蚕繭・糸繭・生繭・桑繭・野繭

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android