高宮(滋賀県)(読み)たかみや

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高宮(滋賀県)
たかみや

滋賀県中東部、彦根市(ひこねし)の一地区。旧高宮町。『和名抄(わみょうしょう)』高宮郷の地、中世には高宮城が築かれた。近世の中山道(なかせんどう)(現、国道8号)の宿場町として繁栄したが、当時の人口は約3560、家数835、本陣1、脇(わき)本陣2、旅籠(はたご)屋23であったという。麻織物の高宮布でも知られた。また多賀大社への入口としても栄え、寛永(かんえい)年間(1624~1644)建立の大鳥居がある。近江(おうみ)鉄道本線高宮駅があり、多賀線を分岐する。

[高橋誠一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android