コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高宮[町] たかみや

百科事典マイペディアの解説

高宮[町]【たかみや】

広島県北部,高田郡の旧町。北境を流れる江の川(ごうのかわ)に沿って三江線中国自動車道が通じる。米作と,高冷地のため酪農,養鶏が中心。林業も行われる。船佐に逆断層帯(天然記念物)がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たかみや【高宮[町]】

広島県北部,高田郡の町。人口4668(1995)。中国山地の脊梁部にあり,北は島根県に接する。北縁を江の川が流れ,支流の長瀬川,生田(いけだ)川が隆起準平原上を東流する。米作のほか,高冷地のため酪農に力を入れており,乳牛の飼育,養鶏が盛んである。6年を費やして開拓された羽佐竹(はさたけ)開拓牧草地がある。山陰・山陽文化の接点となった地で,郷土芸能が多く残る。佐々部を中心に洪積世地殻変動を示す船佐山内逆断層帯(天)がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報