高田(栃木県)(読み)たかだ

日本大百科全書(ニッポニカ)「高田(栃木県)」の解説

高田(栃木県)
たかだ

栃木県南東部、真岡市(もおかし)南部にある地区。小貝川の右岸に位置する。高田山専修寺(たかださんせんじゅじ)があり、寺を中心に集落が形成されている。寺は鎌倉時代に親鸞(しんらん)聖人によって建立され、境内は国の指定史跡、総門、御影堂などは国指定重要文化財であり、8月1日夜から2日朝にかけての夜祭には、地元だけでなく周辺地区からも大ぜいの人が集まる。

[村上雅康]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android