速やか(読み)スミヤカ

デジタル大辞泉の解説

すみ‐やか【速やか】

[形動][文][ナリ]物事の進行がはやいさま。時間をおかずにすぐ行うさま。「速やかに決断する」
[派生]すみやかさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すみやか【速やか】

形動 [文] ナリ 
手間をとらず早くするさま。すぐ。 -な決断 -に対策を講ずる 可及的-に…
[派生] -さ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

すみ‐やか【速やか】

〘形動〙 (「やか」は接尾語) はやいさま。時間をおかないさま。
書紀(720)神代上(兼方本訓)「急(スミヤカ)に底根(そこつね)の国に適(い)ねといふ」
土左(935頃)承平五年一月二六日「このぬさのちるかたに、みふねすみやかにこがしめたまへ」
[語誌](1)形容詞「すむやけし」のケ(乙類)が音変化してカとなったもの。奈良時代には、もっぱら「すむやけく」の例ばかりであって、「すみやかに」は見えない。
(2)中古になって、漢文訓読体に多く用いられ、和歌・物語・日記などの仮名文学作品の「とく(疾)」「はやく」などと位相的対立を示すようになる。原則として、命令表現を伴い、日常会話レベルで用いられた。
(3)漢文訓読の世界では用法が広がって、述部・連体修飾部などに使用する用法も現われ、「すみやかなり」が成立した。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アノミー

もとは「神法の無視」「無規則性」を意味するギリシア語の anomiaが語源であるが,フランスの社会学者 É.デュルケムが,近代に移行する過程で,それまで人間の行為を規制してきた伝統的価値や,社会的規準...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

速やかの関連情報