コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

刻刻/段段 キザキザ

6件 の用語解説(刻刻/段段の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きざ‐きざ【刻刻/段】

[形動ナリ]細かく切り刻むさま。ずたずた。
悲しみのはらわた―に断つとは」〈浄・傾城酒呑童子

ぎざ‐ぎざ【刻/段】

[名・形動]のこぎりの歯のような細かい刻み目。また、その刻み目のあるさま。「―のある葉っぱ」「切り口が―になる」
[副](スル) のこぎりの歯のような刻み目が続いているさま。「縁(ふち)が―(と)したレースの飾り」
[アクセント]はギザギザザギザ。

こく‐こく【刻刻】

[副]こっこく(刻刻)

こっ‐こく〔コク‐〕【刻刻】

[名]時の流れのひと区切りひと区切り。「時々刻刻を大切に生きる」
[副]時間を追って。時間がたつのにつれて。「刻刻と近づく」
「凶猛な勇気が、―に力を増して来た」〈芥川・偸盗〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こくこく【刻刻】

( 副 )

こっこく【刻刻】

〔「こくこく」の転〕
( 名 )
時間の一区切り一区切り。一刻ごと。 「時々-」
( 副 )
ある局面に向かって時間が絶え間なく経過するさま。刻一刻。 「雲の形が-(に)変わる」 「発車の時は-(と)迫ってくる」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone