刻刻/段段(読み)キザキザ

デジタル大辞泉の解説

きざ‐きざ【刻刻/段】

[形動ナリ]細かく切り刻むさま。ずたずた。
「悲しみのはらわた―に断つとは」〈浄・傾城酒呑童子〉

ぎざ‐ぎざ【刻/段】

[名・形動]のこぎりの歯のような細かい刻み目。また、その刻み目のあるさま。「―のある葉っぱ」「切り口が―になる」
[副](スル) のこぎりの歯のような刻み目が続いているさま。「縁(ふち)が―(と)したレースの飾り」
[アクセント]はギザギザザギザ。

こく‐こく【刻刻】

[副]こっこく(刻刻)

こっ‐こく〔コク‐〕【刻刻】

[名]時の流れのひと区切りひと区切り。「時々刻刻を大切に生きる」
[副]時間を追って。時間がたつのにつれて。「刻刻と近づく」
「凶猛な勇気が、―に力を増して来た」〈芥川偸盗

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こくこく【刻刻】

( 副 )

こっこく【刻刻】

〔「こくこく」の転〕
( 名 )
時間の一区切り一区切り。一刻ごと。 「時々-」
( 副 )
ある局面に向かって時間が絶え間なく経過するさま。刻一刻。 「雲の形が-(に)変わる」 「発車の時は-(と)迫ってくる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こっ‐こく コク‥【刻刻】

〘名〙 時間のひとくぎりひとくぎり。また、着実に時間のたつさまや、時間がたつにつれての意で、副詞的にも用いる。刻一刻。〔色葉字類抄(1177‐81)〕
※雪国(1935‐47)〈川端康成〉「その陰日向がまた々に変って行くのは」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android