コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

捗捗しい/果果しい ハカバカシイ

2件 の用語解説(捗捗しい/果果しいの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はかばか‐し・い【捗しい/果しい】

[形][文]はかばか・し[シク]
物事が望ましい方向へ進むさま。順調に進むさま。多く打消しの語を伴って用いる。「工事の進みぐあいが―・くない」「回復が―・くない」
際立っている。はっきりしている。
「空の気色、―・しくも見えず」〈更級
頼りがいがある。しっかりしている。
「取り立てて―・しき後見しなければ」〈・桐壺〉
身分や行動がきちんとしている。ちゃんとしている。
「都の内といへど、―・しき人の住みたるわたりにもあらず」〈・玉鬘〉
表向きで堂々としているさま。れっきとしている。
「この魚、おのれら若かりし世までは、―・しき人の前へ出づること侍らざりき」〈徒然・一一九〉
ふてぶてしくて、したたかである。
「あら、―・しや、盗人よ」〈謡・烏帽子折
[派生]はかばかしげ[形動]はかばかしさ[名]

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

はかばかしい【捗捗しい】

( 形 ) [文] シク はかばか・し
(現代語ではふつう下に打ち消しの言い方を伴って用いられる)
物事が順調に進んでいる。望みどおりの方向にいっている。うまくいっている。また、はかどっている。 「工事の進み方が-・くない」 「事業が-・くない」 「病状が-・くない」 「 - ・い返事が聞けない」 「かやうの御ありきには、随身がらこそ-・しき事もあるべけれ/源氏 末摘花
頼みがいがある。しっかりしている。 「おほやけに仕うまつり、-・しき世の固めなるべきも/源氏 帚木
きわだっている。はっきりしている。 「はかなき花・紅葉といふも、折節の色合ひつきなく-・しからぬは/源氏 帚木
明確である。たしかである。 「その折りの心地のまぎれに-・しうも聞き置かずなりにけり/源氏 須磨
重要である。公式である。本格的である。 「此の魚、己ら若かりし世までは、-・しき人の前へ出づる事侍らざりき/徒然 119
[派生] -げ ( 形動 ) -さ ( 名 )

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

捗捗しい/果果しいの関連キーワード阿呆らしい嫌らしい馬鹿臭い馬鹿高い馬鹿馬鹿しい馬鹿らしい痴がましいそこはかとな・いつがもな・いでかばちな・い

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone