コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラシニコフ からしにこふ

3件 の用語解説(カラシニコフの意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

カラシニコフ

ロシアの銃器設計者であるミハイル・カラシニコフ、もしくは同氏の設計した歩兵用自動小銃AK47の別称。使いやすく壊れにくいという特徴から、コピー品も含めて紛争地帯などに多数が出回り、「史上最悪の大量殺害兵器」ともいわれている。
ミハイル・カラシニコフは、1919年に西シベリアに生まれ、第2次世界大戦では戦車部隊に所属。ナチス・ドイツとの戦いで負傷し、火器の優劣の差を目の当たりにしたことから銃器の設計を決意。戦後間もなく開発に成功したのがAK47である。この他、ライフルなど各種火器の設計に携わり、2013年12月に94歳で病没。
AK47は1950年代前後からソビエト連邦及び共産圏の軍隊で広く採用された。重量4キログラム程度で突撃銃に分類され可搬性が高く連射も可能。簡素な構造で耐久性があり、泥や砂をかぶっても水で洗い流してそのまま使用可能である。灼熱の砂漠や酷寒の極北でも使用でき、取り扱いや手入れが簡便であることから、十分な訓練を受けた者でなくとも扱うことができる。量産性・信頼性に富むことから、ライセンス品や模造品なども含めて全世界で約1億丁が製造されたといわれる。かつては植民地民族解放戦争の勝利を象徴する武器として国旗や国章のデザインに採用されたこともある。その一方で、冷戦終結後には世界に無秩序に拡散し、アフリカ南アメリカの紛争や内戦に使用されることから、テロリズムを象徴する銃ともいわれている。

(金谷俊秀  ライター / 2014年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

百科事典マイペディアの解説

カラシニコフ

ロシア,旧ソ連の軍人,技術将校。西シベリア,アルタイ地方の出身。トカレフ拳銃の開発者フィヨドル・バジレヴィッチ・トカレフに見いだされ,1943年旧ソ連最大のトゥーラ造兵廠で兵器開発に従事,1946年,後にAK-47として有名になる全自動発射の自動小銃を設計する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カラシニコフの関連情報