ギシギシ(羊蹄)(読み)ギシギシ(英語表記)Rumex japonicus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ギシギシ(羊蹄)
ギシギシ
Rumex japonicus

タデ科の大型多年草。野原や路傍のやや湿ったところに普通に生える。根は黄色で太い。茎は直立し,高さ 60~100cm。根ぎわから生える葉には長い柄があり葉身スイバより大きく長楕円形,縁は波形にちぢれている。6月頃,枝先に総状花序をつけ多数の淡緑色の小花を開く。花が終ると内側の3個の萼が発達し,翼となって3稜のある痩果を包む。この翼の縁に微細な鋸歯があり,背面には楕円状の瘤がある。民間薬としては根をすりつぶして皮膚病に用いる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ポスティングシステム

《「入札制度」の意》日本の球団に所属するプロ野球選手が、米国メジャーリーグへ移籍するための制度の一。所属球団の許可を得た選手のみが対象となる。所属球団は2000万ドルを上限に譲渡金を設定し、獲得を望む...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android