クライン(読み)くらいん(英語表記)Melanie Klein

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クライン(Melanie Klein)
くらいん
Melanie Klein
(1882―1960)

オーストリア生まれのイギリスの精神分析家。ウィーンのユダヤ人家庭に生まれる。医師になりたいと願いながら、正式な大学教育を受けられず、1903年に結婚し1910年にハンガリーのブダペストに移り住む。1912年に最初の子供を亡くし、翌1913年から精神分析に関心をもちはじめた。さらに1914年に母親を亡くした直後、フェレンツィの教育分析(分析家となるために受ける分析)を受け始める。これは第一次世界大戦下という事情もあり正式なものではなかったが、当時フェレンツィがフロイトの報告したハンス少年の症例に興味を抱いていたことから、クラインも子供の精神分析に関心をもつようになる。1919年にはブダペスト精神分析協会の会員となるが、政治的混乱と反ユダヤ主義の高まりのため、同年亡命を余儀なくされる。1921年に落ち着いたベルリンでは遊戯を用いた子供の精神分析のための技法を確立するとともに、カール・アブラハムのもとで教育分析をふたたび受け始め、彼のメランコリーをめぐる研究から大きな影響を受けた。
 ベルリンで分析家のアリックス・ストレーチーAlix Strachey(1892―1973)と友人になったクラインは、1925年その夫の分析家ジェームズ・ストレーチーJames Strachey(1887―1967)を介してイギリス精神分析協会からロンドンに招かれ、一連の講演を行う。クラインの業績は同協会で高く評価される一方、1925年のアブラハムの病死で教育分析が中断したこともあって、1927年彼女は分析家アーネスト・ジョーンズErnest Jones(1879―1958)の招きに応じロンドンに移住することになった。
 その卓越した臨床能力ゆえにイギリス精神分析協会のなかで大きな影響力をもつようになるにつれ、彼女に反対する動きも生じてきた。1930年代なかばから分析家エドワード・グローバーEdward Glover(1888―1972)は、クラインが正統的なフロイトの精神分析から逸脱しているとして一連の批判を展開した。そもそもフロイト自身は、エディプス・コンプレックス以前の幼児には内的世界がいまだ形成されておらず、また言語も未発達であるため転移が生じえないとして幼児の精神分析には消極的であり、彼の娘アンナ・フロイトAnna Freud(1895―1982)も同じ立場からむしろ教育的なアプローチを織り込んだ子供の精神分析を考えていた。クラインはこれに対して、子供も厳密な精神分析の対象となりうるとする立場をとり、この問題をとりあげた1927年のシンポジウム以降、両者の間にははっきりと対立が生じていたが(『子供の精神分析に関するシンポジウム』Symposium on Child-Analysis(1927))、アンナが父ジクムントと1938年にロンドンに亡命してくると、この対立はクライン理論の正統性を論じた「大論争」(1941~1945)に発展した。この論争を経てイギリス精神分析協会の内部には、クライン派(クラインのほか、ハンナ・シーガルHanna Segal(1918―2011)、ハーバート・ローゼンフェルドHerbert Rosenfeld(1910―1986)、ウィルフレッド・ビオンWilfred Bion(1897―1979)ら)、自我心理学派(アンナ・フロイトら)、中間的な立場をとるグループ(ドナルド・ウィニコットDonald Winnicott(1896―1971)、マイケル・バリントMichael Balint(1896―1970)ら)が分立することになった。
 クラインの精神分析への貢献としてはまず、遊戯を通じた子供の精神分析の方法を創出したことがあげられる。網羅的な観察のうえにたって、成人の解釈と同様に厳密な解釈を行う彼女の方法がもたらした知見のうちには、フロイトの所説に重要な変更を迫るものもあった。とりわけリビドー的発達の初期に属する諸契機が、段階phaseというかたちで一時期に限局されることなく、その後も機能し続けると考えてポジション(態勢)の概念を提案する一方で、エディプス・コンプレックスが、通常考えられているより発達上はるかに早い時期からみられることを指摘した(「早期分析の心理学的原則」The Psychological Principles of Early Analysis(1926)、「エディプス葛藤(かっとう)の早期段階」Early Stages of Oedipus Conflict(1928))。これらの知見のうち、とくに前者は「よい対象(乳房)」と「悪い対象(乳房)」の「取り入れ」と「投影」の過程として母子関係を記述する早期対象関係論において提出された、対象との正負両極端の関係のあいだを揺れ動く最早期の「妄想分裂ポジション」および対象と自己の両面性の承認によって特徴づけられる離乳期の「抑うつポジション」というクライン独自の概念に結晶した(「分裂的機制についての覚書」Notes on Some Schizoid Mechanisms(1946)、「そううつ状態の心因論に関する寄与」A Contribution to the Psychogenesis of Manic-Depressive State(1935))。晩年の代表作である『羨望(せんぼう)と感謝』Envy and Gratitude(1957)で、自らの早期対象関係論を総括しつつ、フロイトが死の欲動という概念で指摘した破壊衝動を「羨望envy」の概念によって位置づけた。1960年ロンドンにて没。[原 和之]
『『メラニー・クライン著作集』全7巻(1983~1997・誠信書房) ▽Symposium on Child-Analysis(1927, International Journal of Psychoanalysis, London) ▽Pearl King, Riccardo Steiner The Freud-Klein Controversies 1941-1945(1991, The Institute of Psycho-analysis, London)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クラインの関連情報