コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コート こーとcoat

翻訳|coat

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コート(衣服)
こーと
coat

今日、一般には袖(そで)付きでウエスト丈から足首丈までの、いちばん外側に着る衣服をいう。日本では防寒コートやレインコート類をさす場合が多いが、男子用上着や、女子の男仕立ての上着、古くはスカート、またはペチコートのこともコートといった。また上体を覆う鎧(よろい)の一種や、鎧の上に着る衣服をさすこともある。
 語源は、古代高地ドイツ語コッツアKozza, Kozzoという粗末な外套(がいとう)を表す語からきており、フランス語ではコットcotteといわれる長い袖のついた長衣の意がある。コットは13世紀ごろに男女とも着用した外衣であるが、この後コットやローブrobeの上に着る外衣がサーコートsurcoatの名でよばれている。英語のコートcoatは、フランス語のコットが入って変化したものと考えられる。16世紀ごろには上衣のウエストコートwaistcoatに対し、ウエストから下のスカート部や、内着のシャツをペチコートpetticoatともよんだ。[浦上信子]

歴史

現在のオーバーコートのような前あきの形態は、歴史的には西アジアのカフタン衣装から始まると考えられている。男子服の上衣という意味で使われるコートの原型として、14世紀のフランスのプールポアンpourpointがあげられる。これは兵士の胴着から変化したもので、前がボタンがけで腰丈、胸部は詰め物をして膨らませ、ウエストがぴったりとしたものであった。同じころジャックとよぶ外観の似た上衣も現れた。これらの上衣の出現で、いままでの丈の長い男子服はしだいに影を潜め、機能的、行動的な短い男子服の特色が歓迎されるようになった。そして17世紀になると、プールポアンの丈が短くなり、かわりにジュストコールjustaucorpsとよばれる男子上衣が70年代に現れる。これは、軍人の着るカザックcasaqueから変化したもので、ウエストまでがぴったりし、ウエストから下のスカート部が広がって膝(ひざ)まで達し、前あきで袖付きの上衣であった。前はボタンがけで、前左右に横に切ったポケットがつき、襟はない。これは近代男子服の原型とも考えられる。またこの下にベストとよぶ、前あきでジュストコールに似たはでな装飾のある上衣を着た。この時期まで外套はマントが多かったが、ジュストコールが出現して以来、ときにはこれが外套の役目をなした。
 18世紀になるとジュストコールは、アビ・ア・ラ・フランセーズの名でよばれ、女性的シルエットの強調された上品な上衣となったが、社会の近代化に伴い、男子服はしだいに機能美を求め、アビ・ア・ラ・フランセーズも前裾(すそ)が前から後ろに斜めに切り落とされ、張りのあるスカート部は直線的で狭いものになった。18世紀後半になると、実用性のあるイギリス風のフラックfrac(英語のフロックコート)に人気が集まる。これも形はアビ・ア・ラ・フランセーズに似ているが、素材はウールを主にし、不必要な装飾がなく体の線も強調していない。後部に背割りがあり、襟付きで、隠しポケットをもつ。前端は後方に向けて斜めにカットされ、しだいに燕尾(えんび)状になっていき、ウエストから下は直線的であった。色調も落ち着いたじみなものが多いが、このころから、男子服は現代服に通じる色合いが主になってくる。同じころ外套としてルダンゴトredingoteが現れるが、これはイギリスの乗馬用コート、つまりライディング・コートriding coatからきた名称で、折り返しのついた袖、2枚の襟、前あきでボタンがけ、たっぷりした裾回りのものであり、丈は上衣丈から長いものまであった。これもさまざまに変化して、アビ・ルダンゴトhabit redingoteという礼装となったり、フラック・ルダンゴトという後部に燕尾のついた上衣になったりした。外套としてのルダンゴトは丈が長く、ダブルやシングルの打合せで非常に普及したが、19世紀初めにはもっと丈長で、ゆとりの多い大型防寒コートのキャリックcarrickが出現する。
 19世紀後半になるとインバネスinvernessが登場する。当時は小さな襟と袖のある、ケープ付きオーバーコートであった。
 同じころに、正装の上に着る短いボックス・コートbox coatや、袖がケープ状になったマクファーレンmacfarlane、アラビアの暑さや砂を防ぐフード付きの長いマントをアレンジしたバーヌースburnous(e)、少し短めのものから時代の進むにつれてオーバーコートをさすようになったパルトーpaletotやラグラン袖をもつラグラン・コートraglan coat、アイルランドの地方名にちなむアルスターulster、ダブルの打合せでイギリス海軍が着た丈の短いリーファーreefer、のちに正装用外套にもなる比翼仕立てビロード襟のチェスターフィールドなどが現れ、20世紀までオーバーコートとして着られる。20世紀になって、自然色でダブルの打合せのポロ・コートpolo coatが現れ、前述の各種コートとともに人気を得た。
 女子の防寒コートはマント型が多かったが、ルダンゴトの出現以前は長い間袖付きのオーバーコートとしてペリスpelisseが用いられてきた。おもに毛皮の裏をつけ、前あきは突き合わせで、スカート部にはあまりゆとりはない。18世紀以後は、毛皮の襟や大型の襟などをもつ丈の長いルダンゴトが着用された。20世紀は、マント型より袖のある機能的なコートが一般的になる。
 現代男子服すなわち背広の基本ともいえるジャケットjaquetteは、19世紀なかばに現れた。一般には膝丈で、ラペル付きの襟に、前裾は丸くカットされ、ウエストで絞った形で、またベストンvestonという同じような上衣も普及した。19世紀なかばを過ぎると、ジャケットはしだいに丈も形も背広に近づいてくる。フラックは着用の場を限定され、前端をウエストから斜めに切り落としたカッタウェイとなり、礼服として残ってゆく。礼服用、会食用等目的別のタキシードtuxedo、スワローテイルド・コートswallow tailed coatなども20世紀になると形が確立してくる。
 女性用の男子服仕立てのコートは、女子の社会的進出およびスポーツの参加に関係が深く、20世紀初頭からしだいに普及してくる。とくに1920年代に現れたボーイッシュな風調は、短く切った髪と直線的なシルエットの服を流行させ、その流行が下火になった後も、着実に婦人服のなかに定着して今日に至っている。[浦上信子]

種類

用途、形態、素材、固有名詞などに由来するもの、歴史的なものなどに分かれる。[浦上信子]
用途別

(1)オールウェザー・コートall-weather coat レインコートと防寒コートを兼ねるよう防水加工した生地を使い、取り外しできる裏地がつく。
(2)オールシーズン・コートall-season coat 一年中着られるように、取り外しのできる軽いウールや毛皮の裏地がついている。表地は木綿、合繊、ウールなどのギャバジンやそれに似た素材のもの。防水加工が施され、表地が比較的じみなため、裏にはでな格子柄や色を配することが多い。最近著しい流行がみられる。
(3)ビーチ・コートbeach coat 海岸などの水辺で水着の上に着る。肌の保護と水分の吸収、装飾が目的。タオル織の布地が伝統的によく用いられる。
(4)カー・コートcar coat 車に乗るとき着るもので、4分の3丈か、もっと短めである。アメリカでドライブが盛んになった1960年代ごろから着用されるようになったスポーティーなもの。
(5)ダスターduster ほこりよけのコート。日本で春のほこりの多い時期に着ることが多く、スプリング・コートとよぶこともある。オープンカー時代のドライブに着たほこりよけの丈の長いコートが初めである。目のつんだ布地で、木綿や合繊が多い。婦人用のゆったりしたホームドレスをさす場合もある。
(6)イブニング・ドレス・コートevening dress coat 男子の夜会用正装または略装の衣服をさし、燕尾服やタキシードがこれにあたる。
(7)ディナー・コートdinner coat タキシードも含む夜会用略装。燕尾がなくジャケット丈で、たいていは黒または濃紺。タキシードは襟は拝絹をつけたショール・カラーで、シングルの打合せだが、ピークドラペルpeaked lapelやダブルの打合せのものもある。
(8)ハント・コートhunt coat 深紅の色からピンク・コートpink coatともいう。狐(きつね)狩り用のジャケットで、黒いビロードの襟にピークドラペル、背面にベンツ(馬乗り)の入った背広型のものをいう。
(9)ジョッキー・コートjockey coat 競馬騎手用の明るい光沢のある布地のジャケット。ウエスト丈で、スタンド・カラーに幅広の袖、袖にはカフスがつく。はでな対比の色使いで遠方からでもよく識別できる。
(10)モーニングコートmorning coat 男子の昼間正装でカッタウェイに属す。シングルの打合せで、前端はウエストから後方へ向け大きく斜めにカットされ、後部がテール状になりベンツが長く入る。ピークドラペルで一つボタン、色は黒。18世紀初期に出現した乗馬用上衣が、後期にはフロックコートへ変化し、カッタウェイに発展したもの。
(11)ピンク・コートpink coat ハント・コートに同じ。
(12)ポロ・コートpolo coat ポロ競技の観戦用に着たことに由来する。ラクダやラクダ色のウールの生地で、打合せはダブルもシングルもあり、たいていベルトで締め、ラペル付きの襟をもつ。20世紀前半に現れ、男子用から女子用にまで及んでいる。
(13)オーバーコートover coat 防寒用コートで、膝丈からくるぶし丈まである。素材は防寒に適するウール、毛皮、皮革、合繊、木綿、絹など。20世紀初めは男子用の厚い防寒コートをさし、毛皮の裏地も多かった。グレート・コートgreat coatともいわれる。オーバーコートの語は18世紀に現れ、当初は男子用の外衣をさした。
(14)レインコートraincoat 雨天時のコート。生地は薬剤での防水加工や、メタリック、ビニル、ゴムなどの加工をしたもの、薄いビニル地を用いたものなどが使われる。表地は水滴をはじきやすい組織で、しわや汚れのつきにくいものが一般的。フード付きも多い。
(15)ライディング・コートriding coat 乗馬用のジャケット。テーラード・カラーで背面にベンツがあり、格子柄やツイードが多く、体にぴったりしている。
(16)シューティング・コートshooting coat 狩猟用や射撃用のジャケット。
(17)スリープ・コートsleep coat 男子用の寝間着で、膝丈かそれより短めである。サッシュ付きでゆったりしており、室内着にも向く。20世紀初めに現れる。
(18)スポーツ・コートsports coat スポーツ・ジャケットともいう。(a)スポーティーでくだけた感じのテーラード・カラーのジャケット。生地もツイードやフラノなどを用い、替え上着として他の生地のズボンと組み合わせる。(b)各種スポーツをするときに適した衣服。スポーツの種類、場所、体の動き、季節などによりデザイン、素材が異なる。乗馬、狩猟、釣りなど、目的別につくられる上衣。
(19)ストーム・コートstorm coat 防水加工がしてあり、たいていは裏地がつく防寒コート。悪天候用で、襟や裏が毛皮の場合も多い。
(20)スタジアム・コートstadium coat 競技観戦用のコート。腰丈で前あき、トグル(留め木)どめが多い。カジュアルウエアとしても用いられ、フードや毛皮の襟付きもある。
(21)リバーシブル・コートreversible coat コートを裏返しても着られるように、両面仕立てになっている。両面使いの生地を用いる場合と、2枚の生地で両面使えるよう仕立てる場合がある。色、柄、素材などによりさまざまに組み合わせる。第二次世界大戦後、カー・コートによく取り入れられたが、最近はレインコートや防寒コートにリバーシブルが多い。
(22)トップコートtopcoat 男子が着衣のいちばん表面に着る軽いコート。背広などの上に着るもの。[浦上信子]
形態別・素材別・色彩別

(1)Aライン・コートA-line coat Aの字に似た裾広がりのシルエットをもつコート。クリスチャン・ディオールによって1955年春に発表され、当時婦人服界に流行した。
(2)ケープ・コートcape coat コートにケープのついたデザインで、ケープは取り外せるものも、外せないものもある。
(3)カーディガン・コートcardigan coat カーディガンのような襟ぐりとシンプルな身頃(みごろ)のコート。襟はなく前あき。
(4)カッタウェイ・コートcutaway coat コートの前あき部分をウエスト位置から斜めにカットし、後ろの部分を残したデザインの上衣で、モーニングコートが代表的である。
(5)グレート・コートgreat coat 重厚で大きくゆったりした防寒コート。丈は長めで、裏地に毛皮など暖かい素材がつき、襟も毛皮がつくことが多い。
(6)マキシ・コートmaxi coat、マキシマム・コートmaximum coatを略した語で、最大や最長を意味するところから生じた名称。くるぶし丈で、1960年代に流行した。
(7)ミディ・コートmidi coat 「中間の」や「中ごろの」を表すmidからきた名前で、ふくらはぎの中間の長さをもつコート。ミニ丈の衣服の流行が終わる1960年代後半に現れた。
(8)ミリタリー・コートmilitary coat 軍服の特徴を取り入れたデザインのコート。全体に固い感じを与える肩章や金ボタンがつき、幅広のラペル、ダブルの打合せにベルトを締める。
(9)プリンセス・コートprincess coat 上体は体にぴったりし、ウエストからフレアの入ったプリンセス型のもの。
(10)スワガー・コートswagger coat 「肩で風を切って歩く」「威張って歩く」という意味のスワガーから、肩が張り、裾広がりにフレヤーが入った婦人用コートのこと。1930年代に流行し、最近ふたたび人気が出ている。
(11)トッパー・コートtopper coat フレアの入った膝上丈のコート。1940年代に流行した。
(12)トグル・コートtoggle coat 前の打合せをトグルとループでとめる形式のスポーティーなもの。
(13)ラップ・コートwrap coat 打合せは体に巻き付けるかサッシュで締めて、優雅な雰囲気をもたせたコート。ラップは包むの意味。[浦上信子]
固有名詞に由来するもの

(1)バルマカーンbalmacaan イギリスのスコットランドにある地名バルマカーンに由来し、襟が小さく袖はラグラン型の、膝丈の男子オーバーコート。素材はおもにウール。
(2)チェスターフィールド・コートchesterfield coat チェスターフィールド伯爵の名にちなんだコートで、テーラード型の襟の部分にビロードがつき、前の打合せはダブルもシングルもある。19世紀末に登場し、当時は男子のオーバーコートであったが、しだいに婦人物にも現れた。
(3)ブッシュ・コートbush coat サファリ・ジャケットともいう。オリジナルは、アフリカ未開地の探検隊が着用した上衣で、これに似たデザインのものをさす。ラペル・カラー、胸部と腰部の四つの張り付けポケット、ベルト、黄土色の生地、腰丈でシングルの打合せが特徴。1960年代後半にスポーティーな街着として流行。
(4)インバネス・コートinverness coat スコットランドにある地名に由来する。肩についた長めのケープが取り外せるコート。この地に産する格子柄のウールの生地を使ったことから、こうよばれる。19世紀後半に男子用として流行するが、日本では明治初期から着用され、「とんび」「二重まわし」の名で親しまれた。
(5)マキノーmackinaw アメリカ、ミシガン州のマキノー水路にちなむ名。格子柄の厚手羅紗(らしゃ)地で、ダブルの打合せの腰丈のスポーツ・コート。
(6)マッキントッシュmackintosh チャールズ・マッキントッシュCharles Macintosh(1766―1843)が1823年に考案したゴム引き防水布のレインコート。
(7)マンダリン・コートmandarin coat マンダリンは中国の隋(ずい)、唐時代以降の官吏をさし、彼らが着た細い立ち襟とまっすぐな細身のシルエットの、官服に似たデザインのコートをいう。
(8)ラグラン・コートraglan coat イギリスのラグラン卿(きょう)(1788―1855)がクリミア戦争で負傷したとき、着やすいように考え出された袖の形をラグラン袖とよび、ラグラン袖のついたコートをさす。1850年代に現れた当時は、男子用でウール地のオーバーコートであった。袖付け線が、襟付け位置から肩を挟んで斜めに前後の脇(わき)の下まで走り、着脱が楽でゆったりした感じを与える。
(9)リーファーreefer 縮帆(しゅくはん)の意味のリーフに関係して、イギリス海軍士官が着た、腰丈でダブルの打合せをもつ厚地ウールのコートを模したもの。本来は紺地に金属のボタン、ノッチド・ラペルなどが特徴である。
(10)トレンチ・コートtrench coat トレンチは英語で塹壕(ざんごう)を意味し、イギリス軍隊が第一次世界大戦中塹壕で着た防水布のコートに由来する。肩章、ベルト、ダブルの打合せ、袖口のベルト、広いラペルの襟など軍服の特徴をもつ、膝程度の長さのコート。1940年代以降つねに人気がある型で、現在も男女のレインコートやオーバーコートに採用されている。褐色や紺などの無地が多い。
(11)アルスターulster 北アイルランドの旧州の名で、この地で産するウールの生地を用いてつくったことに由来する。ダブルの打合せにフードのついた丈長のオーバーコート。[浦上信子]
歴史的なもの

(1)コットcotte 13、14世紀ごろ、フランスを中心に男女の着用した長衣。ワンピース型で、長袖の袖口近くがぴったりし、たいていウエストに帯を締める。
(2)サーコットsurcot コットの上に着る長衣で、袖口や裾から下のコットを見せる。13、14世紀ごろのもの。袖ぐりが大きく開いたものもある。
(3)ペチコートpetticoat 16世紀ごろ上半衣と分離した下半衣のスカート部をさす。しだいにアンダースカートの意味となり現在に至っている。
(4)ウエストコートwaistcoat 16世紀ごろ着用された女子の胴衣で、芯(しん)入りの布製。また、同じころから19世紀ごろまで男子が着た、袖付きの前部にボタンその他の飾りが多い腰丈の上衣をさす。現在ではベストといわれ、チョッキをさす。
 和装コートには、防寒コート、雨ゴート、ダスターコート兼用の道行があるが、これらは明治以後のものであって、その初めてのものがあずまコートである。今日では洋風の仕立てが多い。男子の場合は、角袖外套(かくそでがいとう)、インバネスがあるが現在ではほとんどみられない。[浦上信子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

コートの関連キーワードモーニングコート

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コートの関連情報