コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミクロ 〈ドイツ〉Mikro/〈フランス〉micro

デジタル大辞泉の解説

ミクロ(〈ドイツ〉Mikro/〈フランス〉micro)

[名]ごく小さいこと。微小。極微。「ミクロの世界」→マイクロ
[形動]《「ミクロスコピック」の略》微視的であるさま。「ミクロに眺める」⇔マクロ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

とっさの日本語便利帳の解説

ミクロ

ミクロ経済学」の略。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ミクロ

〈小さい〉ことを意味するギリシア語に由来する。ここでは英語のmicroscopic(微視的)の省略形として,かつ自然科学の文脈に限って理解することにする。ミクロな視点の取り方は,状況によって多様に変化する。通常目に映る現象マクロと考えれば,現象を原子分子ふるまいで記述しようとする原子論的な立場はミクロということになる。統計力学も,その意味ではミクロである。しかし,統計力学は,原子・分子のふるまいを一つ一つ力学的に時系列内に確定して記述するのではなく,確率論的扱いをする。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ミクロ【micro】

非常に小さいこと。微小。また、微視的であること。 → マクロ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミクロ

微視的」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ミクロの関連キーワードロバート・E.(Jr.) ルーカスヒューゴ・F. ソネンシャイン試料の量による化学分析の分類ジャック ハーシュライファーロバート・W. クラウアーマイクログラフィック組織ボトムアップアプローチマクロ環境とミクロ環境ミクロ・マーケティング地域別マーケティングマイクロフィラメントミクロカノニカル分布ファンダメンタルズ個別マーケティングアルガル・ペーストプルーデンス政策微生物学的検定法ボルツマンの原理マグニフィリックミクログロブリン

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ミクロの関連情報