ミクロ

デジタル大辞泉の解説

ミクロ(〈ドイツ〉Mikro/〈フランス〉micro)

[名]ごく小さいこと。微小。極微。「ミクロの世界」→マイクロ
[形動]《「ミクロスコピック」の略》微視的であるさま。「ミクロに眺める」⇔マクロ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ミクロ

〈小さい〉ことを意味するギリシア語に由来する。ここでは英語のmicroscopic(微視的)の省略形として,かつ自然科学の文脈に限って理解することにする。ミクロな視点の取り方は,状況によって多様に変化する。通常目に映る現象マクロと考えれば,現象を原子分子ふるまいで記述しようとする原子論的な立場はミクロということになる。統計力学も,その意味ではミクロである。しかし,統計力学は,原子・分子のふるまいを一つ一つ力学的に時系列内に確定して記述するのではなく,確率論的扱いをする。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ミクロ

(micro Mikro)
[1] 〘名〙 (形動) 非常に小さいこと。極小。極微。また、微視的であるさま。マイクロ。⇔マクロ
[2] 〘語素〙 メートル法などで、基本単位の一〇〇万分の一を単位とする時に、基本単位名の上につけて用いる。一般にはマイクロを冠する。〔物理学術語和英仏独対訳字書(1888)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ミクロの関連情報