下関(市)(読み)しものせき

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

下関(市)
しものせき

山口県西端にある市。古くは赤間関(あかまがせき)(赤馬関)、馬関(ばかん)などとも称し、東の長島の上関(かみのせき)(上関町)に対し下関といった。1889年(明治22)赤間関市として県下最初の市となった。当時の人口3万0739人、面積5.36平方キロメートル。1902年(明治35)下関市と改称。1921年(大正10)生野村、1933年(昭和8)彦島(ひこしま)町、1937年長府(ちょうふ)、安岡の2町と川中村、1939年小月(おづき)町と清末、王司(おうじ)、勝山、吉見の4村、1955年(昭和30)王喜、吉田、内日(うつひ)の3村を編入。2005年(平成17)に菊川、豊田(とよた)、豊浦(とようら)、豊北(ほうほく)の4町と合併、北方に大きく広がり、面積は従来の3倍以上の716.15平方キロメートルとなった。人口28万0947(2010)。2005年10月中核市に移行。[三浦 肇]

自然

市域の中部は鬼ヶ城(620メートル)を主峰とする豊浦(とようら)山地とその周辺の丘陵地や盆地が占め、北部と西部の日本海沿岸は入江の多い沈水海岸となっている。南部は瀬戸内海側の木屋(こや)川下流の小月平野を含み、響灘(ひびきなだ)沿岸の綾羅木(あやらぎ)川下流の川中平野や下関、彦島の丘陵地を含む半島状の地域を占める。瀬戸内海の西口である関門海峡を隔てて、北九州と相対しており、朝鮮半島へも近く、海陸交通の十字路にあたる。[三浦 肇]

歴史

もっとも早く開けたのは綾羅木川下流平野で、弥生(やよい)時代の大集落跡である郷遺跡(国史跡)や長門(ながと)地方最大の前方後円墳の仁馬山(じんばやま)古墳などの遺跡が集中する。豊北町地域にある弥生時代の土井ヶ浜(どいがはま)遺跡(国史跡)からは多数の人骨が出土している。歴史時代に入って内海沿岸の長府が国府の所在地となり、海峡一帯は海関として重視され、長門城が築かれ、鎌倉時代には元寇(げんこう)に備えて長門探題が置かれた。室町時代の赤間関は大内氏の勘合船貿易の港町として栄え、近世には西海、内海の諸航路が集まり、長崎と並ぶ商港として「西の浪華(なにわ)」とよばれた。関門海峡は平安時代に壇ノ浦の戦いで平家が滅亡した地であり、また幕末には長州藩と外国艦隊の戦闘の場となった。[三浦 肇]

交通・産業

1901年(明治34)山陽鉄道(山陽本線)の開通、1905年の関釜(かんぷ)連絡船の就航によって、大陸貿易の基地としての重要性を増し、さらにトロール船など遠洋漁業の母港としても発展した。北九州重工業地帯の一環として、彦島を中心に金属、化学、造船の諸工場が設置された。1933年(昭和8)には山陰本線が全線開通して山陽本線と連絡、1937~1941年の小瀬戸の締切りと大規模な埋立てにより、大漁港と商港と下関高架駅ができ、国鉄(現、JR)関門海底トンネルが開通(1942)。第二次世界大戦では、二度の空襲で市街地の被災も大きく、戦後の大陸貿易の途絶によって、市勢も一時停滞したが、1958年(昭和33)関門国道トンネルの開通、1961年関釜連絡航路の再開、フェリーの就航によって大陸への基地の地位を回復、1973年高速自動車道関門橋の架橋、1975年山陽新幹線新関門トンネルの完成、新下関駅の開業など新交通時代を迎えて、県西部における商業交通都市としての機能を高めている。また内海側の長府沿岸には広い工場用地があって、金属、電力、造船などの諸工業が集積しつつある。一方、農業でも県下最大の野菜、花卉(かき)の生産地で、北部の豊北町地域では養牛、養鶏などの畜産、中部の豊田町、豊浦町、菊川町各地域では米作を中心に果樹、野菜栽培が行われ、とくに響灘沿岸の農村では温州(うんしゅう)ミカン栽培が盛んである。[三浦 肇]

文化財・観光

浄水場のある日和山(ひよりやま)公園やロープウェーで登る火の山公園からの海峡都市の景観、早鞆(はやとも)ノ瀬戸に架かる関門橋、先帝祭で知られる赤間神宮、室町初期の社殿(国宝)をもつ住吉(すみよし)神社、維新史跡の功山(こうざん)寺などの優れた文化財、国史跡指定の長門鋳銭所跡、高杉晋作(しんさく)墓、中山忠光(ただみつ)墓、市立水族館(海響館)など大型の行楽施設もあって、多彩な観光資源をもつ。そのほか、美術館、考古博物館、豊北歴史民俗資料館、烏山(からすやま)民俗資料館など文化施設が多く、下関市立大学も設置されている。港町下関らしいふぐ料理の味覚も全国に知られている。また、壁(かべ)島のウ渡来地、恩徳寺のイブキ、川棚(かわたな)のクスの森、小串(こぐし)のエヒメアヤメの自生地、木屋川のゲンジボタル発生地が国の天然記念物に指定されている。[三浦 肇]
『『下関市史』全3巻(1958~1965・下関市) ▽『下関市史 増補・改訂版』全13巻(1983~2011・下関市)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

下関(市)の関連情報