コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

何とは無し(読み)ナニトハナシ

デジタル大辞泉の解説

何(なに)とは無(な)・し

別にどうということもない。なんとはなし。
「―・けれど、過ぐる齢にそへて忘れぬ昔の御物語など承り」〈鈴虫

なんとは‐なし【何とは無し】

[副]何と無く」に同じ。多く何とは無しに」の形で用いる。
「学校を休んで、―に日を送っていましたが」〈独歩・あの時分〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例