コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

何と無く ナントナク

デジタル大辞泉の解説

なんと‐なく【何と無く】

[副]言動などに、はっきりとした理由・目的がないさま。なんとはなしに。「何と無く心が引かれる」「何と無く日々を送る」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

なんとなく【何と無く】

( 副 )
はっきりした理由や目的もないさま。わけもなく。どことなく。 「 -好きだ」 「 -旅に出る」
取り立てて言う事柄がないさま。何ということもなく。平凡に。 「 -一生を送ってしまった人」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

何と無くの関連キーワード何とは無し雨垂り霜げる言動一生

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

何と無くの関連情報