入る(読み)イル

デジタル大辞泉「入る」の解説

い・る【入る】

[動ラ五(四)]
人や物がある場所・範囲・状態などに移る。はいる。
㋐外から中に移動する。「道が山あいに—・る」「葷酒くんしゅ山門に—・るを許さず」
㋑移り動いて物のに隠れる。太陽や月が沈む。「日が山の端に—・る」
特定の環境に身を移す。「渦中に—・る」「仏門に—・る」
㋓時が進行して、ある時刻・季節になる。「土用に—・る」
㋔心・目・などの感覚を通じて対象をとらえる。「目に—・るものすべてが珍しい」
㋕しだいに移ってある状態に達する。ある状態にまで深くはいっていく。「話が佳境に—・る」「悦に—・る」
㋖内部にくぼみ、裂け目が生じる。「茶碗にひびが—・る」
㋗いっぱい含まれる。こもる。「の—・った仕事ぶり」
動詞の連用形に付いて、その動作や状態の程度が非常に深い、また、その動作に徹したり、その状態にすっかりなってしまったりする意を表す。「ぐっすり寝—・る」「心に染み—・る」「恥じ—・る」「恐れ—・ります」
(「いらせ給ふ」「いらせらる」などの形で)「来る」「行く」「居る」の意を表す。
御輿みこしの—・らせ給ふほどなど」〈大鏡・道長上〉
[動ラ下二]い(入)れる」の文語形。
[補説]1は文語的な言い方で、現代語ではふつう「はいる」を用いる。しかし、「気にいる」「にいる」「有卦うけにいる」など慣用的な表現の中では現在でも多く用いられる。
[下接句]石をいだきてふちに入る有卦うけに入るえつに入る笑壺えつぼに入る気に入る鬼籍きせきに入るきょうに入る見参げんざんに入るしんに入る大声たいせい里耳りじに入らず手に入る堂に入る堂にのぼしつに入らず念が入る門に入るやまい膏肓こうこうに入る

はい・る〔はひる〕【入る/×這入る】

[動ラ五(四)]
ある区切られた空間の外から中へ移り進む。「映画館に—・る」⇔出る
中に加えられる。「不純物が—・る」「模様の—・った
あるものの中にあるものが生じる。「ガラスにひびが—・る」
ある制度に自分から加わる。「保険に—・る」
特定の社会・集団・学校などの一員となる。「大学に—・る」「テニスクラブに—・る」
一定の範囲・容量の中に収まる。「客席いっぱいに—・る」「一リットル—・る
自分のものになる。「大金が—・る」
気持ちや力などがこもる。「力が—・る」「練習に身が—・る」
利用できるよう設備される。「複写機が—・った」
10 目・耳などで感じとられる。「うわさが耳に—・る」
11 ある時期・地点に至る。「雨期に—・る」「月が山の陰に—・る」
[可能]はいれる
[下接句]穴があったら入りたい木が入る手が入る手が入れば足も入る手に入る年季が入る・話に実が入るひびが入る身が入る・水が入る・耳に入る目に入る

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

漁夫の利

《シギとハマグリが争っているのを利用して、漁夫が両方ともつかまえたという「戦国策」燕策の故事から》両者が争っているのにつけ込んで、第三者が利益を横取りすることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android