コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

殊勝 シュショウ

2件 の用語解説(殊勝の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しゅ‐しょう【殊勝】

[形動][文][ナリ]
とりわけすぐれているさま。格別。
「相談したれど別に―なる分別も出でず」〈露伴五重塔
心がけや行動などが感心なさま。けなげであるさま。「親に心配をかけまいとする殊勝な気持ち」「いやに殊勝なことを言う」
神々しいさま。心打たれるさま。
「いつもよりも一しほ今日は―には覚えぬか」〈虎明狂・釣針
[派生]しゅしょうがる[動ラ五]しゅしょうさ[名]

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しゅしょう【殊勝】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
けなげなこと。感心なこと。また、そのさま。 「 -な心がけ」
もっともらしい様子で、神妙にしている・こと(さま)。 「 -な顔をしてかしこまっている」
特にすぐれていること。 「いかに殿原、-の事は御覧じとがめずや/徒然 236」 「別に-なる分別も出でず/五重塔 露伴
心うたれるさま。神々しいさま。 「さていつ参つてもしんしんと致いて、-なお前ではござらぬか/狂言・福の神 虎寛本

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

殊勝の関連キーワード選り分ける取り分く優れて取分け取分けて取分ける振分ける揺り分ける選り分け分けて

殊勝の関連情報