コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

殊勝 シュショウ

デジタル大辞泉の解説

しゅ‐しょう【殊勝】

[形動][文][ナリ]
とりわけすぐれているさま。格別。
「相談したれど別に―なる分別も出でず」〈露伴五重塔
心がけや行動などが感心なさま。けなげであるさま。「親に心配をかけまいとする殊勝な気持ち」「いやに殊勝なことを言う」
神々しいさま。心打たれるさま。
「いつもよりも一しほ今日は―には覚えぬか」〈虎明狂・釣針
[派生]しゅしょうがる[動ラ五]しゅしょうさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅしょう【殊勝】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
けなげなこと。感心なこと。また、そのさま。 「 -な心がけ」
もっともらしい様子で、神妙にしている・こと(さま)。 「 -な顔をしてかしこまっている」
特にすぐれていること。 「いかに殿原、-の事は御覧じとがめずや/徒然 236」 「別に-なる分別も出でず/五重塔 露伴
心うたれるさま。神々しいさま。 「さていつ参つてもしんしんと致いて、-なお前ではござらぬか/狂言・福の神 虎寛本

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

殊勝の関連キーワード主・修・取・守・手・朱・株・殊・狩・珠・種・繻・腫・衆・趣・酒・須・首闇サイト殺人事件行い澄ます仏教の公伝しおらしい柄にもない乞食の断食鬼の空念仏寛平御記鬼の念仏ものから美しくも健気立て金剛乗優しい忉利天殊勝顔素読み須弥山悪太郎

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

殊勝の関連情報