卯の花腐し(読み)ウノハナクタシ

デジタル大辞泉の解説

うのはな‐くたし【×卯の花腐し】

《卯の花を腐らす意から。「うのはなくだし」とも》卯の花の咲いているころに降りつづく長雨。五月雨(さみだれ)。季語としては「花の雨」と「五月雨」との間。 夏》「さす傘も―もちおもり/万太郎

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うのはなくだし【卯の花腐し】

〔「くだし」は「くたし」「ぐたし」ともいう〕
卯の花月のころ、卯の花を腐らせるほど続く長雨。 [季] 夏。 《 ひもすがら-茶を入るゝ /星野立子 》

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android