コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雨模様 アマモヨウ

4件 の用語解説(雨模様の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あま‐もよう〔‐モヤウ〕【雨模様】

あめもよう」に同じ。

あめ‐もよう〔‐モヤウ〕【雨模様】

雨の降りそうな空の様子。あまもよう。「雨模様の雲」
雨が降っているらしい様子。あまもよう。「山間部は雨模様らしい」
[補説]1が本来の意味。2は新しい意味で、近年はさらに「現に雨が降っている」意にも使う。
文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、「外は雨模様だ」を、「雨が降りそうな様子」の意味で使う人が43.3パーセント、「小雨が降ったりやんだりしている様子」の意味で使う人が47.5パーセントという結果が出ている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

あまもよう【雨模様】

どんよりと曇って、雨の降りだしそうな空のようす。あめもよう。

あめもよう【雨模様】

どんよりと曇って、雨の降りだしそうな空のようす。あまもよう。 「 -の空」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

雨模様の関連キーワード雨気雨空雨催い雨意時雨心地雪意泣き出しそうな空模様雪気雪催い雨景色

雨模様の関連情報