コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雨模様 アマモヨウ

デジタル大辞泉の解説

あま‐もよう〔‐モヤウ〕【雨模様】

あめもよう」に同じ。

あめ‐もよう〔‐モヤウ〕【雨模様】

雨の降りそうな空の様子。あまもよう。「雨模様の雲」
雨が降っているらしい様子。あまもよう。「山間部は雨模様らしい」
[補説]1が本来の意味。2は新しい意味で、近年はさらに「現に雨が降っている」意にも使う。
文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、「外は雨模様だ」を、「雨が降りそうな様子」の意味で使う人が43.3パーセント、「小雨が降ったりやんだりしている様子」の意味で使う人が47.5パーセントという結果が出ている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あまもよう【雨模様】

どんよりと曇って、雨の降りだしそうな空のようす。あめもよう。

あめもよう【雨模様】

どんよりと曇って、雨の降りだしそうな空のようす。あまもよう。 「 -の空」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

雨模様の関連キーワード小松みどり世論調査文化庁雨催い雨景色補説様子雨気雨意気候

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

雨模様の関連情報