雨模様(読み)アマモヨウ

デジタル大辞泉の解説

あま‐もよう〔‐モヤウ〕【雨模様】

あめもよう」に同じ。

あめ‐もよう〔‐モヤウ〕【雨模様】

雨の降りそうな空の様子。あまもよう。「雨模様の雲」
雨が降っているらしい様子。あまもよう。「山間部は雨模様らしい」
[補説]1が本来の意味。2は新しい意味で、近年はさらに「現に雨が降っている」意にも使う。
文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、「外は雨模様だ」を、「雨が降りそうな様子」の意味で使う人が43.3パーセント、「小雨が降ったりやんだりしている様子」の意味で使う人が47.5パーセントという結果が出ている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あまもよう【雨模様】

どんよりと曇って、雨の降りだしそうな空のようす。あめもよう。

あめもよう【雨模様】

どんよりと曇って、雨の降りだしそうな空のようす。あまもよう。 「 -の空」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

雨模様の関連情報