コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大塔[村] おおとう

2件 の用語解説(大塔[村]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

おおとう【大塔[村]】

奈良県南部,吉野郡の村。人口871(1995)。吉野山系に連なる大峰山脈の西部に位置する急峻な山岳地域で,熊野川水系の十津川が南流する。南朝にゆかりの深い地域で,村名も1889年の舟川郷4ヵ村と十二村郷14ヵ村の合併の際,大塔宮にちなんでつけられた。ほぼ全域が杉,ヒノキの山林におおわれ,奥吉野の秘境の一つであったが,十津川沿いに国道168号線が整備され,交通が便利になった。基幹産業は林業であり,林産物としてはかつての樽丸から近年はみがき丸太へと移行している。

おおとう【大塔[村]】

和歌山県南部,西牟婁(にしむろ)郡の村。人口3285(1995)。紀南地方最高峰大塔山(1122m)西麓の山岳地帯にあって,富田(とんだ)川,日置(ひき)川が穿入蛇行し,谷底に集落が点在する典型的な山村である。全域が交通不便な山岳地帯のため,人口の流出が激しい。交通の整備が図られ,西端の富田川沿いを国道311号線,中央の日置川沿いを371号線が通る。村域の大部分が山林で,林業が基幹産業。日置川一帯には百間山渓谷や村営かもしか牧場,青少年旅行村があり,大塔日置川県立自然公園に指定されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大塔[村]の関連キーワード熊野古座川白浜那智串本南紀烏帽子山円月島牟婁志原海岸

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone