コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川口[市] かわぐち

百科事典マイペディアの解説

川口[市]【かわぐち】

埼玉県南端部の市。1933年市制。大部分は荒川北岸の沖積低地で,荒川を隔てて東京都北区と接する。近世は日光御成街道の宿場町として発達。古くから鋳物の町として知られ,鋳物工場のキューポラが特色ある景観であったが現在は衰退。
→関連項目鋳物師

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かわぐち【川口[市]】

埼玉県南部の市。1933年川口町が横曾根,青木,南平柳の3村を合体して市制。人口44万8854(1995)。荒川をはさんで東京都に接する。荒川北岸の沖積低地と大宮台地南東部の安行(あんぎよう)台地にまたがる。江戸時代日光御成道の宿場町で,荒川の砂と粘土,消費地江戸への舟運に恵まれて鋳物業が発達した。明治維新後,永瀬庄吉ら先覚者の技術改良や日清・日露戦争から第1次・第2次大戦による好況に支えられて県下最大の工業都市に発展し,全国有数の鋳物の街となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

川口[市]の関連キーワード斎藤寅次郎五所平之助清水宏成瀬巳喜男稲垣浩小津安二郎大恐慌ルロイ伊藤大輔山中貞雄

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android