コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イヤ

デジタル大辞泉の解説

い‐や【弥】

[副]《程度がはなはだしいさまを表す副詞「」に接頭語「」の付いたもの》
いよいよ。ますます。
「明治の御代も―栄えて」〈独歩・あの時分〉
「去年(こぞ)見てし秋の月夜(つくよ)は渡れども相見し妹(いも)は―年離(さか)る」〈・二一四〉
きわめて。いちだんと。たいそう。
「暁(あかとき)に名のり鳴くなるほととぎす―めづらしく思ほゆるかも」〈・四〇八四〉
最も。いちばん。
「かつがつも―先立てる兄(え)をし枕(ま)かむ」〈・中・歌謡

いよ【弥】

[副]《「いや」の音変化》いよいよ。ますます。
「宿なき人の如く、―遠くわれは歩まん」〈荷風訳・そゞろあるき〉

び【弥〔彌〕】[漢字項目]

常用漢字] [音]ビ(漢) ミ(呉) [訓] いや いよいよ
〈ビ〉
端から端まで及ぶ。わたる。「弥久
すみずみまで。ひとわたり。「弥縫
(「瀰(び)」と通用)どこまでも広がる。「弥漫
〈ミ〉梵語の音訳字。「弥勒(みろく)沙弥(しゃみ)阿弥陀(あみだ)須弥山(しゅみせん)
〈や〉「弥生(やよい)
[名のり]いよ・ひさ・ひさし・ひろ・ます・まね・みつ・やす・よし・わたり・わたる
[難読]弥栄(いやさか)弥撒(ミサ)弥次(やじ)

み【弥/眉/美/微】[漢字項目]

〈弥〉⇒
〈眉〉⇒
〈美〉⇒
〈微〉⇒

や【弥】

[副]《「八(や)」と同語源》程度がよりはなはだしいさま。ますます。いよいよ。
「下堅く―堅く取らせ秀罇(ほだり)取らす子」〈・下・歌謡〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いや【弥】

( 副 )
〔「い」は接頭語。「や」は物事のたくさん重なる意の副詞〕
事柄や状態がだんだんはなはだしくなるさまを表す。いよいよ。ますます。また、あとからあとから次々に。 「その潮の-ますますにその波の-しくしくに/万葉集 3243」 「子孫うみのこの-継ぎ継ぎに見る人の語り次てて/万葉集 4465」 「 -遠ざかる雲隠りつつ/万葉集 2128
状態を表す語の上に用いて、はなはだ、非常に、の意を表す。 「菅畳-さや敷きて我が二人寝し/古事記 」 「我が心しぞ-愚おこにして今ぞ悔しき/古事記 」 「 -遠長く祖おやの名も継ぎ行くものと/万葉集 443
場所・順番などを表す語の上に用いて、いちばん、最も、の意を表す。 「かつがつも-先立てる兄をし枕かむ/古事記

いよ【弥】

( 副 )
〔「いや(弥)」と同源〕
いよいよ。ますます。 「 -しも変らぬ御見ごげんまで/浄瑠璃・夕霧阿波鳴渡

や【弥】

( 副 )
〔「や(八)」と同源〕
状態や事柄の程度がよりはなはだしいさまを表す。いよいよ。ますます。 「下堅く-堅く取らせ秀罇ほだり取らす子/古事記

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


倭の五王」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

弥の関連キーワード豊嶋弥左衛門(てしまやざえもん)橘家 小円太(5代目)杵屋 弥之介(1代目)竹本 弥太夫(6代目)栃木県栃木市都賀町大柿杵屋 弥之介(初代)宮城県白石市福岡八宮竹沢 弥七(8代目)大阪府守口市藤田町家のなか・なかの家竹本弥太夫(初代)松島半弥(2代)ももいろのきりん森山内蔵之助坂田政右衛門人真似小まね桃色のきりん夕霧阿波鳴渡弥次郎兵衛己心の弥陀

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

弥の関連情報