上出来(読み)じょうでき

精選版 日本国語大辞典「上出来」の解説

じょう‐でき ジャウ‥【上出来】

〘名〙 (形動)
物事がうまくはこぶこと。結果がすぐれていること。具合がよいこと。また、そのさま。
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉七「然し敵手が吉住なれば、此一段は上出来(ジャウデキ)なり」
② 仕あがり具合がよいこと。うまく作られていること。また、そのさま。上作
※画の悲み(1902)〈国木田独歩〉「自分の画は確かに上出来(ジャウデキ)であっても」
③ その物の性質や状態がよいこと。才能などがすぐれていること。また、そのさま。
浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉二「経済学を修めて随分上出来の方で有ったと云ふ事で」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「上出来」の解説

じょう‐でき〔ジヤウ‐〕【上出来】

[名・形動]出来映えや物事の結果などがすぐれていること。また、そのさま。「やっつけ仕事にしては上出来な内容だ」
[類語]絶妙上手素晴らしい巧みうまい巧妙老巧達者器用賢い素敵すてき見事みごと立派最高卓抜秀逸結構目覚ましい輝かしいたえなるえも言われぬ上上物の見事結構尽くめ何より・申し分が無い・言う事無し天晴れナイスワンダフル・目の覚めるよう・目に染みる冴える水際立つグーグッド良い好ましい程よい好個絶好最適

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android