津山[町](読み)つやま

百科事典マイペディアの解説

津山[町]【つやま】

宮城県北東部,本吉郡の旧町。大部分が丘陵地で,養蚕,林業を行う。中心の柳津(やないづ)は北上川と新北上川分流点付近にあり,一関街道と東浜街道が分岐,気仙沼線が通じる。横山のウグイ生息地(天然記念物)がある。2005年4月登米郡町,登米町,東和町,中田町,豊里町,米山町,石越町,南方町と合併し市制,登米市となる。68.14km2。4303人(2003)。
→関連項目津山盆地

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

つやま【津山[町]】

宮城県北東部,本吉郡の町。1954年柳津(やないづ)町と横山村が合体,改称。人口4743(1995)。新旧北上川の分流点に位置し,町域のほとんどは北上高地から続く丘陵が占める。中心集落の柳津は北上川東岸にあり,江戸時代には北上川舟運の要地,一関街道と陸前東浜街道の分岐点宿場町として栄えた。総面積の9割近くが山林で,林業が盛ん。人工林が8割近く,大部分が杉である。製材工場が立地するほか,近年は木工品の製作も行われる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android