無理からぬ(読み)むりからぬ

精選版 日本国語大辞典「無理からぬ」の解説

むり‐からぬ【無理からぬ】

〘連体〙 (形容詞補助活用未然形に打消の助動詞「ぬ」の付いた、「よからぬ」などに類推して、形容詞ではない「無理」に「からぬ」を付けてできた語) 無理ではない。もっともな。
の世界(1918‐21)〈宇野浩二〉三「凡夫の事ならたいしたむりからぬしだいにちがひないのだ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「無理からぬ」の解説

むり‐からぬ【無理からぬ】

[連体]《形容詞未然形語尾に打消しの助動詞「ぬ」のついた「よからぬ」などの「からぬ」を「無理」につけてできた語》無理ではない。道理である。当然である。「彼が怒るのも無理からぬことだ」
[類語]尤も当然自然至当当たり前無論もちろん元よりまさにご無理ご尤も言うまでもない言わずもがな言をたない論をたない然も有りなん無理もない

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android