ざら(読み)ザラ

デジタル大辞泉の解説

[名]
ざら紙」の略。
ざらめ糖」の略。
ばら銭。
「夜盗ども見ろと両手で―を寄せ」〈柳多留・五〉
[形動][文][ナリ]
いくらでもあって、珍しくないさま。「その程度の作品ならざらにある」
むやみやたら。
「それは勿論―に人に見せられるものでない」〈福沢福翁自伝

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① ざらざらしていること。また、そのもの。
② 「ざらがみ(━紙)」の略。
※にごりえ(1895)〈樋口一葉〉二「馴染はざら一面、手紙のやりとりは反古の取かへっこ」
④ ばら銭。小銭(こぜに)
※雑俳・柳多留‐五(1770)「夜盗ども見ろと両手でざらを寄せ」
⑤ (形動) 多くあって珍しくないさま。おしなべてあるさま。ありふれているさま。
※雑俳・川柳評万句合‐宝暦一二(1762)信三「御給仕の女中はざらにすき通り」
※蓼喰ふ虫(1928‐29)〈谷崎潤一郎〉五「子供を東京の親戚へ預けたりするのがざらにあるんだし」
⑥ (形動) 程度や範囲に限定がないさま。むやみやたら。
※洒落本・五臓眼(1789‐1801)六「手のとどくだけくめん十めんしてざらに居つづけに置たり」
※福翁自伝(1899)〈福沢諭吉〉欧羅巴各国に行く「それは勿論ザラに人に見せられるものでない」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ざらの関連情報