ざら(読み)ザラ

デジタル大辞泉の解説

[名]
ざら紙」の略。
ざらめ糖」の略。
ばら銭。
「夜盗ども見ろと両手で―を寄せ」〈柳多留・五〉
[形動][文][ナリ]
いくらでもあって、珍しくないさま。「その程度の作品ならざらにある」
むやみやたら。
「それは勿論―に人に見せられるものでない」〈福沢福翁自伝

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

[0] 形動
どこにでもあって珍しくないさま。ありふれているさま。 そんな話は-にある
[1]
「ざら紙」の略。 -一しめ
「ざらめ糖」の略。 赤-

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① ざらざらしていること。また、そのもの。
② 「ざらがみ(━紙)」の略。
※にごりえ(1895)〈樋口一葉〉二「馴染はざら一面、手紙のやりとりは反古の取かへっこ」
④ ばら銭。小銭(こぜに)
※雑俳・柳多留‐五(1770)「夜盗ども見ろと両手でざらを寄せ」
⑤ (形動) 多くあって珍しくないさま。おしなべてあるさま。ありふれているさま。
※雑俳・川柳評万句合‐宝暦一二(1762)信三「御給仕の女中はざらにすき通り」
※蓼喰ふ虫(1928‐29)〈谷崎潤一郎〉五「子供を東京の親戚へ預けたりするのがざらにあるんだし」
⑥ (形動) 程度や範囲に限定がないさま。むやみやたら。
※洒落本・五臓眼(1789‐1801)六「手のとどくだけくめん十めんしてざらに居つづけに置たり」
※福翁自伝(1899)〈福沢諭吉〉欧羅巴各国に行く「それは勿論ザラに人に見せられるものでない」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ざらの関連情報