コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夥しい オビタダシイ

デジタル大辞泉の解説

おびただし・い【×夥しい】

[形][文]おびただ・し[シク]《近世中期まで「おびたたし」》
数や量が非常に多い。ものすごい。「―・い人出」
(「…することおびただしい」の形で)程度がはなはだしい。ひどい。激しい。多く悪い意味に使う。「だらしのないこと―・い」
非常に盛んである。
「乱声(らんじゃう)鼓、物の音(ね)、ひとたびに打ち吹き、弾き合はせたり。―・しくめでたし」〈宇津保・吹上下〉
[派生]おびただしげ[形動]おびただしさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おびただしい【夥しい】

( 形 ) [文] シク おびただ・し
〔近世中頃までは「おびたたし」と第四音節が清音〕
ものの数や量がはかりしれないくらいたくさんある。非常に多い。 「 - ・い数」 「 - ・い出血」
度合・程度がはなはだしい。 「無責任なこと-・い」
おおげさだ。仰々しい。 「只同じ詞なれど-・しく聞こゆ/無名抄」
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

夥しいの関連キーワードバッハ:ソナタ ハ長調/piano solo天野信景無名抄乱声

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

夥しいの関連情報