球(漢字)

普及版 字通「球(漢字)」の解説


常用漢字 11画

(異体字)
15画

[字音] キュウ(キウ)
[字訓] たま

[説文解字]

[字形] 形声
声符は求(きゆう)。求は裘の初文。求にまるくして巻きこむ意がある。〔説文〕一上に「玉なり」(段注本)とし、重文としての字形をあげている。〔書、益稷〕に「(き)(楽祖とされる神名)曰く、戛(かつ)として鳴球をつ」、また〔楚辞、九歌、東皇太一〕に「長劍の玉珥を撫すれば 鏘(きうさう)として琳琅(りんらう)鳴る」とあって、いずれも玉声をいう。求・に、もと、まるい、糾纏(きゆうてん)するものの意があり、はまた美玉の名に用いる。

[訓義]
1. たま、美しいたま。
2. 玉声。
3. 鳴球は玉磬。

[古辞書の訓]
〔名義抄〕球琳 上は玉磬、下は玉名なり 〔立〕球 タマノオト・タマ・コヱタマ

[語系]
球・)・gyu、kyu、九kiuは声近く、その声符の字にみな、まるく巻きこむ意がある。

[熟語]
球技・球球・球玉・球形・球状・球場・球灯・球拍・球琳
[下接語]
眼球・気球・血球・蹴球・小球・鏘球・打球・大球・卓球・地球・庭球・天球・投球・排球・鳴球・野球・籠球


15画

(異体字)球
11画

[字音] キュウ(キウ)
[字訓] たま

[説文解字]

[字形] 形声
声符は(りょう)。(こう)・樛(きゅう)の声がある。〔説文〕一上に球を正字とし、「玉聲なり」といい、重文としてを録する。〔爾雅、釈器〕に「琳は玉なり」、〔爾雅、釈地〕に「西北の美なる者」として崑崙(こんろん)虚の琳・琅(ろうかん)をあげている。玉磬(ぎょくけい)の鳴るのを然・鏘(きうさう)のように形容するが、球にはその用義法がなく、両字の間に慣用を異にするところがある。

[訓義]
1. 美しい玉、琳。
2. 玉磬。
3. 玉声。

[古辞書の訓]
〔名義抄〕 タマ 〔立〕 タマノナナリ・テハツクリ

[語系]
はまた球に作る。求giu、liu、九kiu、kyuは声義に通ずるところがあり、その形声字に糾纏・宛曲の義を含むことが多い。

[熟語]

[下接語]
・大・白・琳

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

LGBTQ

セクシュアルマイノリティ(性的少数者)を表す言葉で、性的指向や性自認を意味する英語の頭文字をとって作られた。Lesbian(レズビアン)は同性を恋愛の対象とする女性、Gay(ゲイ)は同性を恋愛の対象と...

LGBTQの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android