目の前(読み)メノマエ

デジタル大辞泉の解説

め‐の‐まえ〔‐まへ〕【目の前】

見ているすぐ前。眼前。「目の前で人が倒れる」
時間的、空間的にごく近いこと。もくぜん。「試験が目の前に迫る」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

め【目】 の 前(まえ)

① 見ている前。まのあたり。目前(もくぜん)。眼前(がんぜん)
※古今(905‐914)恋一・五二〇「こむよにもはやなりななんめのまへにつれなき人をむかしとおもはん〈よみ人しらず〉」
② 見ている間にすぐに結果が現われるさま。時間的、空間的にごく近いさま。前。また、明白なさま。たやすいさま。
※徒然草(1331頃)一三七「、畳も取り払ひ、目の前にさびしげになりゆくこそ、世の例も思ひ知られて、哀れなれ」
※評判記・難野郎古たたみ(1666頃)序「そのわづらいをうくればみをほろぼす事めのまへ也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

目の前の関連情報