相馬(市)(読み)そうま

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

相馬(市)
そうま

福島県浜通り北部にある市。1954年(昭和29)相馬郡中村町と大野、飯豊(いいとよ)、山上(やまかみ)、玉野、八幡(やわた)、日立木(にったき)、磯部(いそべ)の7村が合併して市制施行。市域は、西部は阿武隈(あぶくま)高地の分水嶺(れい)、中央部は宇多(うだ)川の沖積低地、東部は松川浦、原釜(はらがま)の海浜部からなり変化に富む。市域東部をJR常磐線、国道6号(陸前浜街道)、常磐自動車道、北部の新地(しんち)町境を国道113号が走り、また宇多川に沿って国道115号、東北中央自動車道が東西に通じる。中心地区の中村は1611年(慶長16)相馬利胤(としたね)が小高(おだか)城から中村城に移り、以後、相馬氏中村藩6万石の城下町として明治まで続いた。中村城跡には中村神社(本殿等は国の重要文化財)や馬陵(ばりょう)公園がある。林業、畜産業、農業、水産業など第一次産業中心の生産活動が展開され、とくに松川浦のノリやアサリの養殖とカレイなどの漁獲は、浜通り北部で特色ある産業となっていた。さらに、原釜地区の重要港湾相馬港改修と相馬中核工業団地造成などのプロジェクトが進められ、都市的機能の転換が企図されてきた。宅地も市街地の東西に造成された。国の重要無形民俗文化財の相馬野馬追は中村城跡で出陣式が行われるが、これは相馬氏の軍事訓練と産馬奨励にちなみ、妙見社に馬を献ずる神事。相馬駒焼(こまやき)は藩政初期に始まる。『相馬二遍返し』『相馬流れ山』『相馬盆歌』など多くの民謡が残る。相馬氏のかつての本拠地であった千葉県流山(ながれやま)市とは姉妹都市関係を結んでいる。面積197.79平方キロメートル、人口3万8556(2015)。[原田 榮]
〔東日本大震災〕2011年の東日本大震災では死者219人、住家全壊1746棟・半壊3730棟を数えた(消防庁災害対策本部「平成23年東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)について(第157報)」平成30年3月7日)。2016年には災害時の防災拠点となるように免震構造を取り入れた新市庁舎が竣工している。
『『相馬市史』全6巻(1969~1983・相馬市) ▽新妻三男著『中村風土記』(1976・相馬郷土文化協会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

相馬(市)の関連情報