手前味噌(読み)テマエミソ

世界大百科事典 第2版の解説

てまえみそ【手前味噌】

歌舞伎役者の自叙伝。3世中村仲蔵著。1855年(安政2)著者47歳のときに起筆され,晩年にいたるまで書き継がれる。書名は《二葉艸》《松春亭漫遊雑記》《聞取放問》などといったが,《歌舞伎新報誌上に公表するにあたり《手前味噌》と改題,523号(1885)から931号(1888)にかけて連載された。内容は,舞踊の家元志賀山家に生まれた著者の家系に始まり,1809年(文化6)の出生から,子役時代,旅芝居の経験など,73年著者65歳までの体験が平易な文章で語られている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

てまえみそ【手前味噌】

〔自分の家で作った味噌の味を自慢することから〕
自分のことをほめること。自慢。 「 -を並べる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

てまえ‐みそ てまへ‥【手前味噌】

〘名〙 自分で自分のことを誇ること。自慢。手味噌
滑稽本・大山道中膝栗毛(1832)初「『福七どふだ、狂歌はかくありたき物だの』『ムム手まいみそ。ひともじといふのだの。ろくでもねへ』」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

手前味噌の関連情報