驕傲(読み)きょうごう

精選版 日本国語大辞典「驕傲」の解説

きょう‐ごう ケウガウ【驕傲】

〘名〙 (形動) おごりたかぶること。傍若無人な様子。倨傲(きょごう)
蘭学階梯(1783)序「支那僻在一辺、独称中国驕敖自限耳」 〔楚辞‐離騒〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「驕傲」の解説

きょう‐ごう〔ケウガウ〕【×驕傲】

[名・形動]おごりたかぶること。また、そのさま。
「先次第で―になったり柔和になったり」〈福沢福翁自伝
[類語]自慢誇るうぬぼれるおのぼれる思い上がる誇らしい胸を張る肩身が広い鼻が高い鼻高高勝ち誇る驕る威張る威張り散らす付け上がる高ぶる反り返る振り回す鼻にかける増長慢心自画自賛誇示おご誇り矜持倨傲きょごう自負自負心自賛自嘆自任自得天狗うぬぼれプライド高慢自尊自尊心気位きぐらい得意思い上がり唯我独尊手前味噌我褒め身褒めのぼせるのぼせ上がる背負しょ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「驕傲」の解説

【驕傲】きようごう

字通「驕」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android