筒(漢字)

普及版 字通「筒(漢字)」の解説


常用漢字 12画

[字音] トウ
[字訓] つつ・さかずき

[説文解字]

[字形] 形声
声符は同(どう)。同は形の器。〔書、顧命〕に「上宗(官名)、同瑁(どうばう)(酒器)を奉ず」とあって、同は杯の名。筒は〔説文〕五上に「簫なり」とあり、〔段注〕に洞簫という楽器の名とする。尺八の類である。すべて竹筒をいう。

[訓義]
1. つつ、竹のつつ。
2. 洞簫、尺八の類。
3. さかずき。

[古辞書の訓]
〔名義抄〕筒 ツツ 〔立〕筒 ツツ・ケ・タケノツツ

[語系]
筒・同・洞dongは同声。同は古く酒爵を意味し、また〔周礼、春官、典同〕に竹の楽器の名とする。筒はその繁文とみてよい。すべて空洞のものをいう。

[熟語]
筒瓦筒灑・筒子・筒車筒炙筒竹・筒薬・筒輪
[下接語]
筒・円筒煙筒気筒・射筒・水筒筒・筒・筒・竹筒・飯筒・封筒

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android