コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

若宮[町] わかみや

百科事典マイペディアの解説

若宮[町]【わかみや】

福岡県北部,鞍手郡の旧町。遠賀(おんが)川の支流犬鳴(いぬなき)川の流域を占める。九州自動車道が通じる。米作のほか,イチゴ,ブドウ花卉(かき)などの栽培が行われ,林産も多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

わかみや【若宮[町]】

福岡県北部,鞍手郡の町。人口1万0295(1995)。北は宗像市,南は飯塚市に接する。中心の福丸はかつて市場町で栄えた地で,バス交通の要地となっている。筑豊地方にあって炭鉱のなかった珍しい町で,主産業は農林業である。米を中心に,河岸段丘上ではイチゴ,ブドウなどが栽培され,花卉も盛んである。町の西部から南部を占める三郡山地からは良質の杉,ヒノキを産出し,シイタケたけのこの産も多い。1977年町の北部に九州自動車道の若宮インターチェンジが完成して,福岡・北九州両市へ30分の距離となった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

若宮[町]の関連キーワード竹原古墳

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android