霞ヶ浦(湖)(読み)かすみがうら

  • 霞ヶ浦

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

茨城県南東部にある湖。東側にある北浦に対して西浦ともいう。水郷筑波国定公園(すいごうつくばこくていこうえん)の中心をなし、周辺は土浦、かすみがうら、行方(なめがた)など7市と1町1村に囲まれる。日本で第二の大湖で、面積171.5平方キロメートル、周囲122キロメートル、最大深度7メートル、水面の海抜高度は0.16メートル。富栄養湖で透明度は低い。高浜入(たかはまいり)と土浦入の細長い入り江によって三つまた形をなし、恋瀬(こいせ)川、桜川、園部(そのべ)川、菱木(ひしき)川、小野川、新利根(とね)川などが流入し、常陸(ひたち)利根川、横利根川によって排水される。古くは常陸、下総(しもうさ)にわたる海の入り江をなし、『常陸国風土記(ふどき)』には流海(ながれうみ)とあり、沿岸で塩、ノリ、ハマグリなどを産したと記されている。成因は、入り江に利根川が運び出す土砂によって三角州がつくられ、出口をふさいで湖となったもの。魚類は、淡水、汽水、海水に産するものがあり、85種を数える。コイ、ワカサギは有名。しかし、常陸川水門で海との交流が絶たれ、ウナギ、スズキなどは減少した。昆虫では湖岸の生活を悩ますユスリカが多く、植物ではヨシ、マコモが代表的であるが、水質悪化で絶滅したものもある。浮島(うきしま)に鳥のコジュリンの営巣地がある。

 古くから交通路となり、江戸時代はもっとも栄え、那珂(なか)川―涸(ひ)沼―霞ヶ浦―利根川―江戸川に通じる幹線水路の中心であった。沿岸の町々は、この時代に河岸(かし)(港)で発達した。汽船時代は湖が主となり、貨物や旅客の輸送のほか、佐原(さわら)(千葉県)の大商店は「船のデパート」を仕立てて沿岸を周航(1955年ごろまで)するなど、湖面の交通は続いた。自動車時代に入って衰え、わずかに残った土浦―潮来(いたこ)間の定期船も1975年(昭和50)に廃止され、観光船を残すだけとなった。

 霞ヶ浦の漁獲量は、1993年(平成5)ではコイ、ハゼ、フナなど魚類4456トンで全国2位。ワカサギ、シラウオ、シジミは乱獲や環境変化で減少した。漁法は張(はり)網、掛網、トロールが主で、特色ある大徳(だいとく)網や帆引(ほびき)網は減少または消滅している。ワカサギ漁で有名な帆引船はすべて動力船にかわり、1999年にはわずかに観光用4隻を残すのみとなった。これに対し食用コイの養殖は網生け簀(あみいけす)(小割り式)の方法で発展し、長野、群馬両県を追い越して第1位。これらは漁業の盛んな北岸に多く、行方市、かすみがうら市が中心である。ほかに淡水真珠(イケチョウガイ)の養殖も行われている。南岸では本新島(もとしんしま)、浮島、江戸崎地区など稲敷(いなしき)市域に大規模な干拓地ができて、米作農業が主となっている。

 豊富な水は、農業、工業、水道用水として利用される。とくに霞ヶ浦用水事業が1969年着工され、筑波山を越えて県南西にまで供給しようとしている。水質汚濁が進行しており、県は1982年2月富栄養化防止条例を施行して保全対策を図っている。霞ヶ浦はまた海軍航空隊と第二次世界大戦時の「予科練」の所在地(阿見(あみ)町)であったことで知られている。北西岸の土浦はかつて軍都として、いまは霞ヶ浦観光の基点として、中心的位置を占めている。

[櫻井明俊]

『茨城大学地域総合研究所編『霞ヶ浦――自然・歴史・社会』(1984・古今書院)』


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android