類い稀(読み)タグイマレ

デジタル大辞泉「類い稀」の解説

たぐい‐まれ〔たぐひ‐〕【類い×稀】

[形動][文][ナリ]非常にが少なく、珍しいさま。めったにないことであるさま。「類い稀な美しさ」「類い稀なる才能」
[類語]類いない並びない無比唯一無双無類無二比類ない比類の無い・類が無い・類を見ない・比べ物にならない・例えようも無い・底知れない単数単一単独単身単発単品又と無い

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android