コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無類 ムルイ

デジタル大辞泉の解説

む‐るい【無類】

[名・形動]たぐいがないこと。比べるものがないほどにすぐれていること。また、そのさま。無比。無双。「無類な(の)好人物」「無類な(の)音楽好き」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

むるい【無類】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
並ぶものがないこと。抜きんでてすぐれていること。また、そのさま。 「珍-」 「 -の子供好き」 「豪胆-なつわもの」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

無類の関連キーワード富士松 加賀太夫(7代目)治五右衛門(12代目)中山 文五郎(3代目)坂東彦三郎(4世)シティーハンター二代目市川団十郎ルイス ヤネス仁戸田 六三郎玉錦三右衛門プリーシビンダルタニャン若羽黒 朋明笑福亭 松光鳥羽 陽之助プリセツカヤ世界没落体験雷電為右衛門松田 竹千代春日 清鶴無双・夢想

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

無類の関連情報