コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無類 ムルイ

デジタル大辞泉の解説

む‐るい【無類】

[名・形動]たぐいがないこと。比べるものがないほどにすぐれていること。また、そのさま。無比。無双。「無類な(の)好人物」「無類な(の)音楽好き」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

むるい【無類】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
並ぶものがないこと。抜きんでてすぐれていること。また、そのさま。 「珍-」 「 -の子供好き」 「豪胆-なつわもの」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

無類の関連情報