無類(読み)むるい

精選版 日本国語大辞典「無類」の解説

む‐るい【無類】

〘名〙
① (形動) たぐいのないこと。比べるもののないこと。もっともすぐれていること。また、そのさま。
※玉葉‐治承五年(1181)正月一日「東大寺者、我朝第一之伽藍、異域无之精舎也」
※美貌の皇后(1950)〈亀井勝一郎〉古塔の天女「とくに甍の美しさは類である」 〔杜甫‐漫興詩〕
② 江戸時代の歌舞伎役者の(くらいづけ)で、総芸頭(そうげいがしら)に次ぐ位。立役・女形いずれかにおいて、比べるものがないことを示す。
※滑稽本・客者評判記(1811)下「其前年の顔見世大当りにて極上上吉の位を無類と直す」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「無類」の解説

む‐るい【無類】

[名・形動]たぐいがないこと。比べるものがないほどにすぐれていること。また、そのさま。無比無双。「無類な(の)好人物」「無類な(の)音楽好き」
[類語]無双無比無二唯一・比類の無い・類が無い・類を見ない・比べ物にならない・並び無い・例えようも無い・底知れない単数単一単独単身単発単品又と無い比類ない類いまれ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「無類」の解説

【無類】むるい

仲間はずれ。〔韓詩外伝、五〕夫(か)の無、不形の行、不贊の辭の(ごと)きは、君子之れを愼(つつし)む。

字通「無」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android