コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

『御伽草子』 オトギソウシ

1件 の用語解説(『御伽草子』の意味・用語解説を検索)

とっさの日本語便利帳の解説

『御伽草子』

室町時代に成立した短篇物語の総称。恋愛談、怪異談、笑話など多岐にわたり、説話文学など隣接ジャンルと浅からぬつながりを持ち、近世小説の母胎となった。「一寸法師」「鉢かづき」「浦島太郎」などが有名。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

『御伽草子』の関連キーワード御伽草子広東政府小札催馬楽曾我物語文正草子美濃物三輪神道四部合戦状万寿姫(1)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

『御伽草子』の関連情報