ちゅうちゅう(読み)チュウチュウ

デジタル大辞泉の解説

ちゅう‐ちゅう

[副]
スズメやネズミの鳴き声を表す語。「ネズミがちゅうちゅう(と)鳴く」
液体をすするさま。また、その音を表す語。「ストローでちゅうちゅう(と)飲む」
[名]スズメまたはネズミをいう幼児語

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちゅうちゅう

( 副 )
ネズミ・スズメなどの鳴き声を表す語。
液体のものを吸う音を表す語。 「ストローで-(と)吸う」
( 名 )
ネズミ・スズメをいう幼児語。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ちゅう‐ちゅう

[1] 〘副〙 (「と」を伴って用いることもある)
① ネズミや雀などの鳴き声を表わす語。
※狂歌・後撰夷曲集(1672)七「あながちに恋をする身はちうちうと鼠鳴してよぶもことはり」
② 酒や汁などを少しずつ吸う音や様子を表わす語。
※良人の自白(1904‐06)〈木下尚江〉後「お関は〈略〉チウチウと氷水を吸って居る」
[2] 〘名〙 ネズミまたは雀をさしていう幼児語。
※咄本・おとしばなし万歳楽(1855)畜猫「このあいだの地しんで、ちうちうはなんともないそふで、まいばんでてさはいで」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

イグノーベル賞

ノーベル賞のパロディとして、世界中のさまざまな分野の研究の中から「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られる賞。「イグノーベル(Ig Nobel)」とは、ノーベル賞創設者アルフレッド・ノーベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ちゅうちゅうの関連情報