コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダイズ(大豆)(読み)ダイズ(英語表記)Glycine max; soybean; soya bean

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダイズ(大豆)
ダイズ
Glycine max; soybean; soya bean

マメ科の一年草。世界各地で栽培されている重要な農作物の一つで,日本など東アジアに広く野生するツルマメ (蔓) が原種であると考えられている。中国では古くから栽培され,日本へは8世紀以前に伝えられた。またヨーロッパへは 18世紀,アメリカへは 19世紀に伝えられた。植物体全体に淡褐色の粗毛があり,茎は直立して高さ 50~100cmとなる。葉は長い葉柄をもつ3出複葉で,各小葉は長さ5~10cmの卵形であるが,品種によって大きな違いがあり,ときには5小葉の場合もある。夏に,葉腋から花柄を出し総状花序をなして,白,赤紫または紫色の蝶形花をつける。果実は長い莢で,中に1~4個の種子を生じる。種皮の色は品種により黒色 (クロマメ) ,緑色 (アオバタマメ,リョクズ) ,黄白色などさまざまで,栽培品種の数は 1000以上にも達する。種子は「畑の肉」といわれ,蛋白質や脂肪を多量に含み,豆腐,味噌,醤油,枝豆,きな粉,煮豆,納豆,豆乳,菓子,大豆油などとして食用とされる。肥料や飼料に使われてきた脱脂大豆は加工食品原料として用途が広がっている。大豆油は工業原料としても重要で,油脂工業の原料として使用される。日本の主産地は北海道であるが,工業原料の大豆はすべて輸入に依存し,そのほとんどが最大生産国アメリカの大豆である。日本では古来,大豆は占いや呪術的行事に用いられ,節分の豆まきはいまも行われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ダイズ(大豆)【ダイズ】

中国北部とその周辺を原産地とするマメ科の一年生作物。夏ダイズ,秋ダイズおよびその中間型があり,普通は短日植物であるが長日品種もある。環境適応性が広く熱帯〜温帯北部まで栽培される。草たけは50〜90cm。葉は3小葉からなる複葉。白,赤紫,紫の小蝶(ちょう)形花が各節につく。さやには楕円形の1〜3粒の種子を含む。種皮の色には黄,緑,黒があり,黒色のものは黒豆と呼ばれて煮豆に用いられる。種子はタンパク質,脂肪に富み,納豆,煮豆,もやし,きなこ,みそ,しょうゆ,豆腐,菓子原料にされるほか大豆油を採る。外国産のダイズ品種は油脂含量が高く,もっぱら搾油用に用いられ,国産のダイズ品種はタンパク含量が高い。採油後のしぼりかす(大豆粕)は飼料,肥料にされる。未熟種子をゆでて枝豆として食する。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ダイズ【ダイズ(大豆) soybean】

種子を食用や工業原料とするために栽培されるマメ科の一年草(イラスト)。ダイズの原型はノマメG.ussuriensis Regel et Maackとされ,東アジアに広く自生している。ノマメとダイズの雑種と考えられる中間型G.gracilis Skovort.が,中国東北部などに半栽培や雑草の状態で見いだされることなどから,ダイズ栽培の起源地は中国東北部からシベリアのアムール川流域とされる。また華北や華中とする説もある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のダイズ(大豆)の言及

【豆】より

…種子はまた,胚乳が退化し,かわりに発達した子葉に養分を貯蔵する。豆のこの養分は,人間が多く食用とするデンプンだけでなく,ダイズやラッカセイのように油脂やタンパク質を多く含有している場合がある(表)。 マメ科植物の種子には,しばしば硬い種皮があるか,養分を貯蔵している子葉が硬質だったりし,また貯蔵物質の特性とも相まって,人間が,そのまま食べるには消化吸収のしにくいものになっている。…

【油料作物】より

…ナタネ,ゴマ,トウゴマ,エゴマ,ラッカセイ,オリーブ,ダイズなど,油の採取を目的として栽培される作物。作物分類では工芸作物に含まれる。…

※「ダイズ(大豆)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android