テーベ(古代エジプト)(読み)てーべ(英語表記)Thebes

翻訳|Thebes

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

テーベ(古代エジプト)
てーべ
Thebes

古代エジプトの都市。上エジプトの今日のルクソールにあたる地域を占め、ナイルの東西両岸にまたがっていた。エジプト名はワセトWasetといい、テーベというのはギリシア人のつけた名称。東岸都市をさすタ・アペトという名称の発音が、ギリシアの都市テーベに似ているため、この名称をエジプト都市に与えたものらしい。『旧約聖書』ではノアメン(アメンの都)とよばれている。中王国時代にアメン神を奉ずる王朝の首都として登場し、新王国時代にアメン神の本山および首都として大発展を遂げ、古代オリエントの中心都市となった。東岸ではカルナック神殿とルクソール神殿が壮大な多柱ホール、塔門、彫像、オベリスクをもって築造され、西岸では諸王の葬祭殿が建てられた。いまもセティ1世、ハトシェプスト女王、ラムセス2世・3世の葬祭殿が当時の偉容をとどめている。また西岸の谷には豪華な壁画を備えた地下墳墓が造営された。1979年に世界遺産の文化遺産として登録されている(世界文化遺産)。

[酒井傳六]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android