ドット

デジタル大辞泉の解説

ドット(dot)

小さな点。ポイント。
水玉模様。
コンピューターの表示装置や印字装置において、文字や記号を表す構成要素となる点。「48ドットで印字する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

カメラマン写真用語辞典の解説

ドット

英語の dot 。画像を構成するこまかい粒のこと。同じ面積であればドット数が多いほど高精細に見える。プリントやスキャナーで dpi (ドット/インチ)という単位で利用される。 またドットは、現在は、液晶モニターの精細さを表す仕様として 画素 に代わって使われるようになった。  ドットは原則として色はもたないが、 RGB カラー表示で使われる場合、1ドットはR、G、Bのなかのひとつの色情報をもつことができる。目に見える色を表現するためにはRGB3色が必要なため、連続したRGB計3ドットで1画素となり、はじめて色を表現できる。

出典 カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について 情報

IT用語がわかる辞典の解説

ドット【dot】

➀デジタルデータによる画像や文字を構成する最小単位。「ピクセル」と同じ意で用いられることがあるが、ピクセルは色情報(色調・階調・透明度など)を持つ四角い点であるのに対し、ドットは色情報のない丸い点を意味する。プリンターイメージスキャナーディスプレーなどの解像度は、1インチあたり何ドット並んでいるかをdpiという単位で表す。
➁文字や数字を入力する際に用いられるピリオドや小数点を表す記号。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

ドット【dot】

点。ポイント。
布地などの水玉模様。
音楽で、音符のあとに付けて二分の一だけ音を長くすることを示す符点。
ディスプレーやプリンターで、文字や図形を表す基本単位となる点のこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ドット

〘名〙 (dot)
① 小さな丸い点。ポイント。ぽつぽつ。ぽち。また、模様の水玉をいうこともある。
※或殺人(1962)〈森茉莉〉「薄い象牙色の襯衣に白い艷のある綾織らしい斜めの縞の地紋に水灰色のドット風の模様がある」
音符の符点。もとの音符の後に付けて二分の一だけ音を長くすることを示す点。また音符の上または下につけてスタッカートであることを示す点。
③ コンピュータの表示装置や印字装置において、文字や記号を表わす構成要素となる点。「ドットプリンター

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ドットの関連情報