コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドレス ドレス dress

翻訳|dress

4件 の用語解説(ドレスの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ドレス(dress)

衣服・衣装・服装などの総称。特に、ワンピース型の婦人服。正装や礼服の場合に用いられる。「ウエディングドレス

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

ドレス

 魚の処理法の一つで,うろこ,頭,えら,ひれ,内臓を除いたもの.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ドレス【dress】

洋服・服装の総称。特に、婦人の洋服。
ワンピース形式の優雅な婦人服。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドレス
どれす
dress

広義には体を覆う衣服、服装の総称だが、日本では西洋から入ってきたいわゆる洋服をいう。とりわけ婦人・女児用のワンピース形式の外衣をさし、スーツツーピースセパレーツと区別する。また、正装や礼服のことをいい、フル・ドレスといえば正装、正装する必要がないときはノー・ドレスという。ほかに、男子の昼間の礼装をモーニング・ドレス(婦人の部屋着の意もある)、男子の燕尾(えんび)服をも含む夜会服はイブニング・ドレス、礼装用のワイシャツはドレス・シャツという。
 古代エジプトの時代から今日に至るまでの婦人のドレスの変遷は、時代、地域、民族、流行などに左右されながら実に複雑な展開をみせている。着用の目的や用途からみると、ウェディング、マタニティ、ボール、ハウス、スケーティング、エプロンなど、時間や季節からみると、アフタヌーン、カクテル、ディナー、イブニング、サマーなど、また形やデザインからみると、ワンピース、ツーピース、Aライン、チャイニーズ、キュロット、プリンセス、シフトなどの各ドレスがある。ドレスには、動詞として、衣服を着る、美しく飾る、髪を結うなどの意もあり、ドレッシング・ガウン、ドレッシング・ローブ(ともに丈の長い部屋着)などのように使われる。[田村芳子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドレスの関連キーワード衣装好み衣装付け衣装道楽狩衣装束地衣装太物衣装持民族衣装ワンピワンピースボール

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ドレスの関連情報