ブルー(英語表記)Bleus

  • BREW
  • Blue

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

1850年頃,カナダ東部 (現ケベック州) で,パルティ・ルージュに対抗した政治的穏健派の名称。 L.ラフォンテーヌを指導者とし,1840年代の政治的改革を担当してきたが,この頃より保守化してカナダ西部 (現オンタリオ州) の改革保守派と提携,54年自由保守党 (通称保守党) を結成した。フランス系カナダをコンフェデレーションに導いたのは,G.カルティエら,ブルーに属する政治家,実業家であった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

ゲームソフト、アニメ『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター。ようせいポケモン、「ノーマル」タイプ、高さ0.6m、重さ7.8kg。特性は「いかく」「にげあし」、かくれ特性は「びびり」。後に「グランブル」に進化する。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

色名がわかる辞典の解説

色名の一つ。JISの色彩規格では「あざやかな」としている。一般に、よく晴れた日中の青空や海の色をさす。重要な系統色であり、幅広い色を含む。代表的な派生色はアイアンブルーウルトラマリンブルーオリエンタルブルーコバルトブルーサックスブルースカイブルーセルリアンブルーターコイズブルーナイルブルーネービーブルーピーコックブループルシャンブルーベビーブルーホリゾンブルーマリンブルーミッドナイトブルーなど。また、レッドグリーンとともに光の三原色の一つ。印刷で用いる色の三原色は和名でいうと、、青だが、英名は順にマゼンタイエローシアンであり、ブルーではない。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (blue)⸨ブリュー⸩
① 青色。藍(あい)色。
※風俗画報‐三三二号(1906)流行門「又強(しひ)て色変りをとの好みにはグリーン、ブリューなど専ら喜ばる」
② (形動) 気分が憂鬱(ゆううつ)であること。また、そのさま。
※風に吹かれて(1967‐68)〈五木寛之〉独りでする冬の旅「立ちこめる青春のブルーな匂いであり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

マスターズトーナメント

1934年 B.ジョーンズと A.マッケンジーにより創設されたゴルフトーナメント。毎年4月第2週にジョージア州オーガスタのナショナルコースで行なわれ,「マスターズを制する者は世界を制する」といわれるほ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android