三輪(能)(読み)みわ

日本大百科全書(ニッポニカ)「三輪(能)」の解説

三輪(能)
みわ

能の曲目。四番目物。五流現行曲。大和(やまと)三輪山の神婚説話、岩戸隠れの天照大神(あまてらすおおみかみ)の神話、『発心集(ほっしんしゅう)』ほかにみえる玄賓僧都(げんぴんそうず)の和歌説話による、幻想的な作品。三輪山の玄賓(ワキ)の庵(いおり)に、毎日樒(しきみ)と閼伽(あか)の水を捧(ささ)げる中年の女(前シテ)がいたが、ある日、夜寒だからと一枚の衣を請う。衣を与えた玄賓が住まいを問うと、杉の立つ門が目印と告げて消える。里人(アイ狂言)が三輪の神杉に僧都の衣がかかっていることを知らせ、玄賓が出向くと、衣の裾(すそ)に神の詠歌が記してある。やがて女姿の三輪明神(後シテ)が現れ、三輪の妻問い伝説を語り、天岩戸(あめのいわと)の神遊びを舞い、夜明けとともに消えていく。神道(しんとう)関係の能として、「誓納(せいのう)」「三光(さんこう)」「神道」「神遊(かみあそび)」ほか、演出の秘事が伝承されている。

増田正造

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

マイナポイント

マイナンバーカードを活用した国の消費活性化策で付与される全国共通の買い物用ポイント。2020年東京五輪・パラリンピック後の景気の落ち込み防止、マイナンバーカードの普及拡大、キャッシュレス決済の促進を目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android