コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三輪[町](読み)みわ

百科事典マイペディアの解説

三輪[町]【みわ】

福岡県中部,朝倉郡の旧町。筑紫(つくし)平野の北東端,三郡山地南麓の扇状地を占める。米作を主とし,イチゴブドウなどの栽培,畜産も営む。良質の水に恵まれ豆腐類の製造が盛ん。甘木(あまぎ)鉄道が通じ,福岡市への通勤者が多い。2005年3月朝倉郡夜須町と合併し町制筑前町となる。21.71km2。1万2465人(2003)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みわ【三輪[町]】

福岡県中部,朝倉郡の町。人口1万1706(1995)。筑紫平野北端に位置し,東は甘木市,南西は小郡市に接する。町域の大半は筑紫山地南西麓の扇状地で占められる。南部から大刀洗町にかけての一帯は〈筑後川の戦〉として知られる南北朝期の合戦場跡であり,第2次大戦前まで航空基地があった。主産業は農業で,米作を主体に山麓部でブドウ,平地でイチゴの栽培が行われる。良質の水に恵まれ豆腐類の生産が盛ん。山麓には仙道古墳(史)など多くの遺跡が分布する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる