コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中山[町] なかやま

百科事典マイペディアの解説

中山[町]【なかやま】

山形県中部,東村山郡の町。中心は山形盆地西部の最上川に沿う長崎で,城下町河港として発達。米作,果樹栽培を基幹産業とし,花卉(かき),野菜も産する。缶詰,メリヤスなどの製造が行われる。

中山[町]【なかやま】

鳥取県西部,西伯(さいはく)郡の旧町。日本海沿岸大山(だいせん)北斜面を占める。山陰本線が通じる下市(しもいち)は江戸時代前期の宿場町。米作,乳牛飼育,二十世紀梨栽培が行われる。

中山[町]【なかやま】

愛媛県中部,伊予郡の旧町。(ひじ)川の支流中山川の上流域と周辺山地を占める。古くから知られた中山クリの名産地。葉タバコシイタケミカンも産する。予讃線が通じる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

なかやま【中山[町]】

山形県中央部,山形盆地西部に位置する東村山郡の町。人口1万2390(1995)。東部は最上川と支流の須川にはさまれた平たん地で肥沃な水田地帯が広がり,西部は出羽山地南端の白鷹丘陵に属する山地で,リンゴ,オウトウ果樹園と山林が広がる。中心集落の長崎は,中世には中山氏が城を構え,近世には最上川水運の拠点となり,馬市なども立つ市場町としてにぎわった。米作を中心とする農業地域で,かつては反別収量日本一になったこともあるが,1970年に山形広域都市計画地域に指定されてからは,山形市ベッドタウンとしての色彩が強まり,人口も増加している。

なかやま【中山[町]】

鳥取県西部,西伯郡の町。人口5577(1995)。大山の北麓に位置し,北は日本海に面する。町域の大部分は火砕流堆積物や火山灰で覆われる。甲(きのえ)川,下市川などの河川が北流し,羽田井以南の甲川沿岸には河岸段丘がみられる。下市は近世には伯耆街道の宿場で,現在も国道9号線と山陰本線が通り,町の経済の中心地となっている。農牧業が主産業で,米作,二十世紀梨の栽培,大山のすそ野での酪農が行われる。沿岸部では漁業が営まれ,ウニ,ナマコが特産。

なかやま【中山[町]】

愛媛県中央部,伊予郡の町。人口4901(1995)。肱(ひじ)川の支流中山川の上流域にあり,石鎚連峰の階上(はじかみ)山(899m),秦皇山(874m),黒岩岳(699m)が中央部に連なり,町域の大部分が山地である。中心集落の中山は,近世には大洲城下と郡中(現,伊予市一帯)を結ぶ大洲街道の馬継場で,町場が形成されていた。名産の栗は〈中山栗〉とよばれ,江戸時代から知られていた。近年はミカン,タバコ,シイタケの栽培も盛ん。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

中山[町]の関連キーワード大山(鳥取)船上山

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android