コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チン

デジタル大辞泉の解説

ちん【亭】

唐音眺望や休憩のために高台庭園に設けた小さな建物。あずまや。

てい【亭】

[名]
庭に設けた休憩用などの建物。あずまや。ちん。
亭主。
「島屋の―が、そんな酷(ひど)い事をしおるかえ」〈鏡花歌行灯
やしき。住居。
「多田蔵人(くらんど)行綱、入道相国の西八条の―に参りて」〈平家・二〉
[接尾]
文人・芸人などの号に付ける。「二葉四迷」「三遊円朝」
文人・墨客(ぼっかく)などの住居、寄席(よせ)・料理屋などの屋号に付ける。「知雨」「末広

てい【亭】[漢字項目]

常用漢字] [音]テイ(漢) チン(唐)
旅人の宿泊所。宿駅。「亭長/駅亭
屋根だけで壁のない休息所。あずまや。ちん。「池亭
飲食・演芸などで客を集める建物。「亭主旗亭席亭茶亭料亭
樹木が高くそびえるさま。「亭亭
きっかりその点に当たる。「亭午

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ちん【亭】

〔唐音〕
庭に設けた、眺望や休息のための小形の建物。あずまや。

てい【亭】

[1] ( 名 )
あずまや。ちん。
屋敷。住居。 「御使に西八条の-に向かふ/平家 3
家のあるじ。亭主。 「主の-、呼びて風呂へ入れ参らす/仮名草子・仁勢物語」
( 接尾 )
料亭・寄席などの屋号に添える語。 「末広-」
雅人の居室・あずまや・楼などの号に添える語。 「観月-」
芸人・文人などの号に添える語。 「古今-」 「式-三馬」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のの言及

【四阿∥東屋】より

…庭園などに設けられた休息用の小建築で,亭(ちん)とも呼ぶ。方形平面で4本柱とするのが普通であるが,多角形や円形のものもあり,屋根は宝形造(ほうぎようづくり)(屋根)でカヤ(茅)や杉皮,板でふいたものが多い。…

※「亭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

亭の関連キーワード木内石亭(きのうちせきてい)北海道小樽市住吉町柳家小さん(初代)蜀山人(2代)長谷川辰之助服部孝三郎二葉亭四迷吉村信之助麗々亭柳橋文宝亭散木談洲楼燕枝蒲生重章竹杖為軽森島中良桂川甫粲橘香保留立川焉馬石川信順竹本正興江村如圭

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

亭の関連情報